【知識ゼロでもOK】WordPressブログの始め方【初心者向けマニュアル画像58枚付き】

WordPress/始め方/ブログ/初心者/ワードプレス

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”新人ブロガー” type=”l”]

WordPress(ワードプレス)を始めて見たいけど、ブログ初心者だからなんにも分からないな。難しい言葉で説明されても理解できないし…。教科書とか説明書みたいに1から教えて欲しい。

[/voice]

 

こんな方へ向けた内容です

 

本格的なブログ運用をする上で欠かせないのが、このWordPress(ワードプレス)。ブロガーにとってもランクアップする感覚で気合も入りますね!

 

でも、いざWordPressを始めるとなると、全くのブログ初心者の方にとっては、何から手をつけていいのか分からない部分も多いと思います…。

 

僕もそうでしたが、初めてのことって不安だし、失敗したくないですよね・・。

 

今回はそんな「何だかよくわからない..」と頭を抱えてしまっている方の為に、WordPress(ワードプレス)の始め方を、1から順を追って解説していきたいと思います

 

このページでわかること↓

  • WordPressを始める前に、必要なものと、その知識
  • 知識ゼロでもOK! WordPressブログの始め方
  • WordPressに必要な設定と、その手順
  • WordPress初心者へ伝えたい「知っておくべき注意点!」

 

このページの内容通りに進めていけば、失敗することなくWordPressブログを始めることができます。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

わかりやすくするために、難しい言葉は噛み砕きつつ、ワケわからん無駄な概要なんかは省いて説明していきますので、ご安心ください。

僕も最初はいろんな人に助けてもらってWordPressを始めたので、その頃を思い出しながら、書いていきます

[/voice]

 

WordPressの始め方から、最初にやっておくべき設定まで、詳しく解説していきますので、手順に沿って進めてみてください。

 

[aside type=”normal”]

今回は一番人気のレンタルサーバー「エックスサーバー」で、流れを解説していきます。

少し内容が長くなってしまうので、このページをブックマークするなどしてゆっくり読みすすめてください。

[/aside]

目次

WordPressを始める前に。必要なものと、その知識

 

まずは、WordPress(ワードプレス)を始める前に、必要なものについて解説していきます。

 

必要なものは以下の2つ↓

  1. 独自ドメイン【URL】
  2. レンタルサーバー【エックスサーバー】

 

大まかな流れとしては、レンタルサーバーを契約して、そこに独自ドメインを登録。

 

その登録した独自ドメインの中に「WordPress」をインストールする…という流れなのですが・・・。

【レンタルサーバーと契約】

【独自ドメインを取得】

【ドメインを
レンタルサーバーに登録】

【登録したドメインに
WordPressをインストール】

こんなこと言われてもよくわからないですよね?(^_^;)

 

そもそも、これらの言葉も難しいので、ここから説明していきます!

■1.「独自ドメイン」って何なのよ?

独自ドメイン

独自ドメインと言うのは、あなたの「ブログサイト」が存在する場所を指定する、世界にひとつしかないネット上の住所みたいなもの。

 

つまり、あなたが権利を持つことのできる、あなた独自のドメイン(オリジナルのアドレス)のことですね。

 

「https://〇〇〇.jp」とか、「https://〇〇〇.com」というようなものが独自ドメインとなります。

 

そして、以下のように●●の部分を好きな文字列で指定することで、あなただけのオリジナルアドレスとなります↓

「https://●●●●●●.jp」
●●を好きに決められる

 

この文字列は好きなように決められますが、他人と同じアドレスは取得できないので、世界の誰かと被っている場合は、文字列を変更する必要があります。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

例えば、「https://yahoo.co.jp」と同じアドレスを使いたくても、それはできません。

でも、ちょっと変えて「https://yahhoo.com」とかなら取得できるかもしれません【←世界中で誰も使っていなければ】

[/voice]

 

また、後半部分の「.jp」という部分も好きなものを選ぶことができます。

  • http://●●●●.jp
  • http://●●●●.com
  • http://●●●●.xyz
  • http://●●●●.org

 

ここは自分で考えるのではなく、複数存在するモノから選ぶことになります。

 

この部分によって年間の更新手数料が変わったりするので、その部分も視野に入れて決めるようにしましょう。(※ここも後で解説します)

 

また、独自ドメインは、一度取得すると途中で変更することはできないので、しっかり考えて決めるようにしましょう。

 

あまり難しく考えず、とりあえずWordPress「独自ドメイン(URL)」は必要なのだと理解しておいてください。

■2.「レンタルサーバー」って何なのよ?

サーバーと言うのは、ブログやサイトなどのWEBページを置いておく場所のこと。

 

これもあまり難しく考えず、あなたのブログの保管場所だと思っておいてください。

 

ブログを見に来た人は、直接あなたのパソコンへ見に来るわけではなく、あなたがアップしたブログ記事を、サーバーを介して見に来るというイメージです。(※上の画像みたいな感じ)

 

そしてこれを利用するにはサーバー会社から保管場所を有料でレンタルする必要があります。

■3.「独自ドメイン」は住所。「サーバー」は土地みたいなもの。

家・ドメイン・サーバー

独自ドメインは、家の場所を示す住所のようなもので、サーバーはその家が建っている土地と思ってもらえばOKです。

 

そして、この「家」がブログなどのWebサイトで、デザインや機能を左右するのが「WordPress」というイメージです。

 

なんとなく理解できましたか?

【初心者用】WordPressブログの始め方・流れ

という訳で、ここから「WordPressブログの始め方」についてしっかり解説していきます。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

先ほどの独自ドメインも、サーバーのことも、なんとなく理解できればOKです。

僕もよく分からずにスタートしたので、安心してください!

[/voice]

 

流れと手順は以下のとおりです↓

  1. レンタルサーバーと契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. ドメインをサーバーに登録設定する
  4. WordPressインストール
  5. 独自SSL化の設定
  6. WPテーマ設定
  7. パーマリンク設定

 

以上の流れが全部終了すると、WordPressでブログを書き始めるまでの準備が整います!

 

ちょっと多いですが、手順どうりにやれば大丈夫なので、しっかり付いてきてくださいね。

1.「レンタルサーバー」と契約する

まずは「レンタルサーバー」との契約です。

 

今回は初心者でも使いやすく、人気・知名度・速度ともにトップクラスの「エックスサーバー」で進めていきます。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

今回は1つのサービスで完結できて、値段も安いエックスサーバーを選びました。

ちなみに当サイトもエックスサーバーを利用しています。

他にもレンタルサーバーはいくつかありますが、初心者の方がスタートさせるなら、ハッキリ言ってこれ一択です!

[/voice]

 

ちなみにエックスサーバーは「10日間のお試し利用」ができるので、試してみてやっぱり使い勝手が悪かったという場合でも、解約することが可能です。

 

でも、サービス内容に自信があるから、お試し期間を用意できるんでしょうね。

 

という訳で、まずはレンタルサーバーの契約の流れから解説します。

①:エックスサーバー公式から「申し込みをクリック」

■ エックスサーバーの公式ページから【申し込みはこちら>】をクリック

エックスサーバーへの登録手順

エックスサーバーへの登録手順

 

■左側の【10日間無料お試し 新規お申し込み】をクリック

エックスサーバーへの登録手順

エックスサーバーへの登録手順

 

■サーバー契約内容を決める

エックスサーバーへの登録手順

エックスサーバーへの登録手順

おすすめは「X10プラン」です。一番安いプランですし、これで十分問題なくブログ運用できます。ここは後から変更することも可能です。

 

※最近「WordPressクイックスタート」が導入され、契約に進みやすくなりましたが、これだと無料トライアルを利用できないので、あまりおすすめしません。

 

今回は、無料トライアルを利用する手順で進めるので、チェックを入れないでください。

②:契約内容・会員情報の入力

■「登録情報」必須の項目を全て埋める

 

メールアドレスは常に確認出来るアドレスを登録しておいてください。

 

サーバーからの連絡など、緊急性を要する連絡もある場合があります。

 

(※僕はサーバーからの連絡を確認しなかった為に運用中のサイトが全て停止したことがあります(笑)。そうならないように..)

 

■同意にチェックを入れ、【お申し込み内容の確認へ…】をクリック↓

 

全て入力し終わったら一番下の規約への同意にチェックして【お申し込み内容の確認】をクリックしてください。

③:SMS・電話承認へ進む

次は、電話承認へ進みます。表示された内容を再度確認し一番下の【SMS・電話承認へ進む】をクリック。

 

すると、「確認コード」を取得するための手続きへ進むのでテキスト又は自動音声通話で取得を選び、【認証コードを取得する】をクリック。(※今回はテキストメッセージのSMSで進みます。)

 

■5桁のコードを入力して【申し込みを完了する】ボタンをクリック↓

 

携帯に受信した5桁のコードを入力して【認証して申し込みを完了する】をクリック。

 

これで申し込みは完了です。

 

先程登録したメールアドレスに登録内容とID・パスワードなどが記載されているので、メールを保護したり控えるなどしておきましょう。

 

エックスサーバーは2つのサービスで分かれている

エックスサーバーは2つのサービスに分かれていて、それぞれで利用できる内容が異なります。

 

  1. 料金の支払い・ドメイン取得が出来る
    「エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)」
  2. サーバーに関する設定ができる
    「サーバーパネル」

 

それぞれでログインIDも、パスワードも違うので、混乱してしまわないように気をつけましょう。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

どちらも登録時のメールに記載されているので、忘れないようにメモしておいてください。

サーバーの設定は「サーバーパネル」、料金関連は「エックスサーバーアカウント」と覚えてきましょう。

[/voice]

 

[aside type=”warning”]

これで申し込みは完了しますが、無料お試し期間は10日間です。

それまでに「お支払い料金の設定を済ませておかないと作成したブログも内容も全て消えてしまうので。注意してください。

[/aside]

 

料金関連お支払い・設定は「Xserverアカウント」内の左側に有る、【決済関連】から行うことができます。

 

ここでサーバーの支払いも、ドメインの支払いもできるので、チェックしておきましょう。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

ちなみに、支払いは「自動更新設定」がおすすめです。

うっかり忘れてしまうこともあるので、これにしておいたほうが安心ですよ!

カード登録の際は、カードの期限も確認しておきましょう!

[/voice]

④:「サーバーパネル」にログイン

それでは、早速ログインしてみます。

 

■「エックスサーバー」内にある右側のメニューバーの「ログイン」にカーソルを合わせ【サーバーパネル】をクリック。

 

■「サーバーID」「パスワード」を入れ【ログイン】をクリック↓

 

先ほどのメールに記載されている『サーバーパネル』ログイン情報を確認し、サーバーIDとサーバーパスワードを入力してログインします。

 

ログインすると「サーバー」の設定を行えるページへ移動します。

上のようなページが確認できれば、取り合えずOKです。

 

設定はドメインを取得してから行うので、次はドメインの取得方法へ進んできましょう。

2.「独自ドメイン」を取得する

次は独自ドメインを取得していきます。

 

独自ドメインは「エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)」の中にある、「エックスドメイン」から取得することができます。

 

「ログインページ」へ進み、先ほどのメールに記載してある『Xserverアカウント』のログイン情報を確認してください。

 

①:Xserver アカウントへログインする

■「ID」と「パスワード」を入力してログイン↓

 

「XserverアカウントID」と、Xserverアカウント「パスワード」を入力してログインします。

 

■画面の左側に有る【+サービスお申し込み】をクリック↓

 

■画面下の方にある、エックスドメインの項目の【新規申し込み】をクリック↓

 

■利用規約を確認し、【同意する】をクリック↓

②:好きなドメイン名を決める

ドメインの新規取得のページへ移動したら、ドメインを決定していきます。

 

  1. 取得したいドメイン名を入力。
  2. 好きなドメインにチェック。
  3. ドメイン名が使用できるかをチェック

という流れになります。

 

以下の画像のように順番に入力していきましょう↓

好きな言葉や、自分の名前など、半角英数で好きなドメインを決定してください。

 

[aside type=”warning”]

取得するドメイン(「.jp」や「.com」の部分)によって年間の更新料金が違います。

最初のドメイン料金が安いからといって、更新手数料を気にせずに取得してしまうと、更新のたびに高い料金を払うことになってしまうので、注意しましょう。

 

>>更新手数料の一覧はこちらから確認できます

[/aside]

 

試しに始めて見たいなら「.xyzドメイン」がおすすめ。長期的に利用できて、更新手数料が安いのは「.com」ドメインです。

 

また、ドメインの種類によって使用する用途も変わってくる場合もあるので一度、確認しておくといいかもしれませんね。

 

取得可能ドメインであれば、取得可能ですと表示されます。

 

「エックスサーバーに設定する」をチェックして申し込み内容の確認・料金の支払いに進みます。

 

(※今回は年間の更新料が安い「.com」ドメインを取得していきます。)

③:「支払い方法」の選択

決定したドメインを購入するために、支払い方法を選んできます。

 

利用できる支払い方法は以下の4つです。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • ペイジー

 

今回はすぐに利用できるように『クレジットカード決済』で進んでいきます。

 

■お支払い情報を入力してカードでのお支払い(確認)へ進んでください↓

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

この時、自動更新設定にチェックをいれておくと便利です。

更新は申し込みから1年後なんですが、結構忘れがちです

[/voice]

 

更新期限を過ぎて支払い更新をしていないと、1年間書いてきたブログもサイトも全て消えてしまうので、本当に注意してくださいね!(※←これも経験したことあるのでマジに注意してください)

 

再度、確認ページへ移動するので、もう一度確認し、カードでのお支払い(確定)をクリック。

 

以下の内容が出たら、支払いは完了です。

 

これでドメインの取得が完了しました。次はもう一度サーバーへ移動し、ドメインの設定を行っていきます。

 

[aside type=”normal”]

今回はサーバーと同じ会社の関連サービス「エックスドメイン」でドメインを取得しましたが、別のドメイン会社からドメインを購入することも可能です。

でもその場合は、ドメインとサーバーの紐づけを行うのが少し難しくなるので、注意しましょう。

[/aside]

3.サーバーに「ドメインを登録」する

ここからはドメインの登録と設定です。

 

ドメインはサーバーへ登録して初めて利用できるようになりますので、しっかり進めていきましょう。

 

先程と同じように『サーバーパネル』からログインしてください。

 

■ログインしたら、画面右上のドメイン設定をクリックします↓

 

■ドメイン設定追加のタブをクリック↓

 

①:ドメイン設定で「ドメイン名」を入力する

■取得したドメイン名を枠の中に入力。 【確認画面へ進む】をクリック↓

 

先ほど取得した独自ドメインの「~.com」まで入力してください。(※入力ミスに注意。コピペするとやり易いですよ)

 

赤枠の部分にチェックが入っていることを確認し確認画面へ進むをクリックします。

 

■再度確認画面へ移動するので、追加するをクリック↓

 

■ドメインの追加が完了すると、確認画面へ移動します↓

 

お疲れ様です!これであなたのサーバー内に、ドメインが設置されました。

 

でも、設置してすぐは処理が反映されていないのでリンクをクリックしても以下の文章が出てきます。↓

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

 

「えっ?ちゃんと出来てないの?」って焦るかもしれませんが、安心してください。

 

10分から、長くても1時間ほどすると、以下のように変化しています↓

 

この状態でサーバー内にドメインが設置され、準備が整ったことになります。

 

次は、いよいよこの中にWordPress(ワードプレス)をインストールしていきます。

4.ドメインに「WoedPress」をインストール

ワードプレス

次は、WordPressのインストールです。

 

ワードプレスのインストールは「サーバーパネル」で行っていきます。

①:「WordPress簡単インストール」をクリック

■先ほどのサーバーパネルの画面左下にある【WordPress簡単インストール】をクリックします↓

 

■【WordPressインストール】のタブをクリック↓

 

②:WordPress情報を入力

■以下のページでWordPressの情報を入力していきます↓

 

それぞれの入力内容は以下のとおりです↓

サイトURL 通常はそのままで大丈夫です。
ブログ名 好きな「ブログの名前」を入れてください。後から変更も可能です。
ユーザー名 WordPressにログインするときに必要です。覚えやすいものがいいです
パスワード ログイン時のパスワードです。こちらも忘れないようにメモしておきましょう
メールアドレス 常に確認できるメアドを入れておきましょう。初期状態ではワードプレスに来たコメントなども受け取れるアドレスに設定されます。
キャッシュ自動削除 「onにする」のままでOKです
データベース 「自動でデータベースを生成する」のままでOKです。

 

入力が完了したら、【確認画面へ進む】をクリックしてください。

 

③:内容を確認してインストール

■確認ページをチェックしOKなら右下の【インストールする】をクリックしてください↓

すると、ログイン用のURLや、その他の情報が表示されます。

 

このページは大事なページなので、画面をキャプチャするなどして、しっかり記録しておきましょう。(※パスワード部分の目のマークを表示状態にしてキャプチャするとパスも記録できるのでお勧めです。)

 

これでWordPress(ワードプレス)のインストールが完了しました。

 

がしかし!!!!

 

これで安心してはいけません…!まだまだ設定があります。

5.「独自SSL化の設定」をする

次は独自SSL化の設定に入っていきます。

 

といっても「SSL化って何?」という方も多いはずなので、簡単に説明します。

 

[aside type=”normal”]

【独自SSL化とは?】

SSL化とは、webサイトをhttps化(通信を暗号化)すること。

通信を暗号化し安全性を高めるための設定です。

[/aside]

 

って言われても難しいですよね….。要は「このサイトは安全ですよ!」っていう証明の為に「S」が付いているというイメージ。

 

独自ドメインは最初のままだとアドレスは「http://○○」なのですが…、SSL化を設定すると「https://○○」というように「S」を付けて運用していくことができるようになります。

 

「http://~」←ちょっと危険なサイトかも?。

「https://~」←このサイトは安心のサイトだね☆彡

と、認識されるってことです。

 

ちなみに、Google先生はこの「SSl化」を強く推奨していて、設定が済んでいないサイトにアクセスした際は警告文を表示するようにしています。

 

これは、検索結果に対してものすごく悪影響を与えるので、最初にしっかり設定しておきましょう。

①:WordPress にログインし、URLを変更する

それでは独自SSL化の設定に入っていきます。

 

ワードプレスへのログインページから「ユーザー名」「パスワード」を入力してログインしていきます。

 

■WordPressへログインする↓

 

■ページにログインしたら、右側の項目から【設定】→【一般】をクリック↓

 

■「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」に「S」を加える↓

 

一般設定の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」に「S」を加えます。

 

ここは、間違わないように慎重に行ってください

 

こんな感じ↓

 

■「s」を加えたら、画面下の【変更を保存】をクリック↓

 

すると、再度ログインページへ戻るので、先程と同じように「ユーザー名」「パスワード」を入力してログインしてください。

 

(※後からログインしやすいように、このページをブックマークしておくといいですね!)

 

【一般設定】の画面が開き、アドレスを確認すると、sがついた「https://」にどちらも変更されています。

 

確認できればこれでOKですが、念のためサイトのトップページも確認してみましょう。

②:「SSL設定」を確認する

画面の左上にある「サイトタイトル」にカーソルを合わせ、「サイトを表示」をクリックしてください。

 

サンプルページが表示され、検索窓に表示されているURLが「https://」になっていれば成功です。

 

これで常時SSL化の設定は完了となります。

 

次はテーマの設定に入っていきます。

6.「WordPressテーマ」をインストールする

次はWordPressにテーマをインストールしていきます。

 

テーマというのは、無料ブログなどで言う、テンプレートのことですね。

 

このテーマ次第で、ブログのデザインも機能も、使いやすさも、ほとんど決まってしまいます。

 

■【外観】→【テーマ】の順で進んでください。

 

WordPressには最初から利用可能なテーマが3つ標準で入っていて、初期の設定では「Twenty Twenty」というテーマになっています。

 

どれもWordPress公式のもので、最強にシンプルなテーマデザインです。

 

公式テーマは基本的に英語に対応しているものなので、今回は日本語対応のテーマを追加していきます。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

テーマには、無料版と有料版があって、デザインや使い勝手がかなり変わってきます。

ちなみに当サイトで使っているのはオープンケージの「STORK(ストーク)」というテーマ
です。

初心者でも簡単に、おしゃれでセンスのあるポップなサイトにできるので、かなりおすすめです。

しかも、設定がわかりやすい。

これまでいろんなテーマ使ってきましたけど、面倒くさがりな僕にはこれが一番です!

[/voice]

 

テーマによって、WordPressのデザインや機能は、大きく変化します。

 

途中で変更することも可能ですが、記事が増えてから変更すると、修正するのにかなり時間がかかるので、最初の段階で満足できるテーマを導入しておきましょう。

 

とはいえ「私は初心者だからできれば無料で…」という方も多いはず・・・。

 

なので、今回は無料で利用できるテーマ「Cocoon」を使ってインストールする流れを解説していきます。

①:「親テーマ」と「子テーマ」をダウンロードする

親テーマ・子テーマ

WordPressのテーマには、親テーマ子テーマというのがあります。

 

親テーマだけを使うのと、両方インストールして使うのでは、カスタマイズした時の安全性が違ってくるのですが、ここでの説明は割愛します。

 

とりあえず、入れておいたほうが安全に設定やカスタマイズができるので、気にせず入れておきましょう!

 

Cocoonの公式サイトへ移動し、まずは親テーマである【”Cocoon”テーマをダウンロード】をクリックします。

 

■次に、子テーマをインストールします。

 

ダウンロードが完了したら、今度はワードプレスでこれをインストールしていきます。

②:無料テーマを「WordPress」にインストール

■【外観】→【テーマ】のページから【テーマのアップロード】をクリック↓

ワードプレステーマ

 

■「ファイルを選択」から先ほどダウンロードしたファイルをインストール↓

 

ダウンロードファイルには「cocoon-master(親)」と「cocoon-child-master(子)」とがありますが、先に「cocoon-maste(親)」の方をインストールします。

 

■ファイルを選択したら【今すぐインストール】をクリック↓

 

完了したら、もう一度テーマのページに戻り、同じ手順で子テーマをインストールします。

 

【新規追加】→【テーマのアップロード】→【ファイルを選択(cocoon-child-master)】→【今すぐインストール】

 

■完了したら、今度は【有効化】をクリックします↓

 

これでCocoonのインストールは完了です。

 

サイトの表示でトップページを見てみるとデザインが変わってるのが確認できます。

 

ちょっとシンプルすぎるというか、殺風景というか、、、。

 

でも、最初よりは良くなりましたね。

 

ここまでくればもう一息です!

 

最後はパーマリンクの設定をしていきます

7.「パーマリンク」の設定

パーマリンク

↑いや、これはアフロ!

次はパーマリンクの設定です。パーマリンクというのはURLの末尾の部分

 

https://●●●.com/?p=123 この部分がパーマリンク

 

サイトのトップページを表示したときは、この部分がない「https://●●●.com」という状態です。

 

ですが、記事を投稿していくと、この後半の部分に文字列が追加され、 新しいURLが生成されていきます。

 

こんな感じ↓

  • 「https://●●●●.com」(トップページ)
  • 「https://●●●●.com/toukou1」(投稿した記事①)
  • 「https://●●●●.com/toukou2」(投稿した記事②)
  • 「https://●●●●.com/toukou3」(投稿した記事③)

 

この部分は、投稿する記事の内容によって任意の文字列(半角英数)を入れることができます。

 

例えば、料理に関するブログだった場合↓

  • 「https://ryouriblog.com」
    (トップページ)
  • 「https://ryouriblog.com/pancake-recipe」
    (パンケーキのレシピを紹介する記事)
  • 「https://ryouriblog.com/friedfood-recipe」
    (揚げ物 料理のレシピ紹介の記事)
  • 「https://ryouriblog.com/pasta-recipe」
    (パスタ料理のレシピを紹介する記事)

 

こんな感じで、決めていくことができます。

 

しかし、そのためには最初にある設定をしなければいけません

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

初期の状態では「日付と投稿名」に設定されているので、数字のみのアドレスになります。

Google先生が言うには「この部分をちゃんと意味のある言葉にしていかないと、ユーザーのためにならないよ!」ということなのですが…。

詳しく知りたいという方は、「バズ部のサイト」で解説されているのでそちらを確認してください。

[/voice]

 

このパーマリンクは後から変更することもできますが、その場合アクセスがなくなってしまうなどの大きなリスクがあります。

 

そうならないためにも、最初のうちにしっかり設定しておきましょう!

①:パーマリンクを「投稿名」へ変更する

パーマリンクを適切な形に変更するには、設定を「投稿名」へ変更する必要があります。

 

ダッシュボードから【設定】→【パーマリンクの設定】へ進んでください。

 

■以下の画面で「投稿名」へチェックを入れます↓

 

チェックを入れたら左下の【変更を保存】

 

これでパーマリンクの設定は終了です。これだけです(笑)

 

以上で、WordPressでブログを始める準備が全て整いました!

 

本当にお疲れ様でした。

WordPress初心者へ伝えたい「知っておくべき注意点!」

リスク

 

パーマリンクの設定まで終了すれば記事を書き始めることができますが、いくつか注意点があるので、お伝えしていきます。

①:サイトのURLは触らない

先ほどのSSL化のときにもお伝えしましたが、サイトURLは基本的に触らなくてOKです。

 

というか、触っちゃダメです。

 

途中で変更してしまうとサイトにログインできなくなることもあるので注意してください。

 

②:「noindex」設定しないこと!

【設定】←【表示設定】に進むと以下の項目がありますが、ここには絶対にチェックをしれないようにしてください。

 

これはnoindexといって、検索エンジンに「このサイトを認知しないで!」と伝える為のもの。

 

チェックすると全くアクセスが集まらないということになってしまうので、注意してください。

③:ビビらずに挑戦あるのみ!

目標・喜び・挑戦

最初はいろんな設定とか、カスタマイズとかためらってしまうと思いますが、ビビらずにどんどん挑戦してください。

 

というのも、アクセスが集まる前にいろんな失敗をしておいた方がリスクも少ないですし、勉強にもなるからです。

 

カスタマイズとか、設定とか、それらに挑戦するには、情報を集める必要があります。

 

それによってググる力が身につくので、どんどん挑戦しましょう!

  1. 設定方法や、カスタマイズに悩む
  2. 検索する
  3. 答えがなかなか見つからない
  4. 答えが見つかるように検索ワードを考える
  5. 答えが見つかる
  6. 知識を得る
  7. 挑戦する
  8. また検索する

 

この繰り返しでググる力が身に付き、稼げるようになってきます。

 

ある意味、無知であることは最大の武器になるので、ビビらずにどんどん挑戦しましょう!←ちょっとわかりにくいメッセージですみませんm(_ _)m

まとめ:ワードプレスの始め方。

 

以上で、とりあえずWordPress(ワードプレス)でブログを書き始める準備は整いました。

 

ですが、快適にブログを進めていくには、プラグインを導入したり設定をしたりと、まだまだやることは多いです(^_^;)

 

別のページでは「ブログ初心者が導入しておくべきプラグイン」についても紹介してますので、始めたばかりの方はそちらも参照して下さい。

 

2 COMMENTS

たかっぽ

トミーさん ありがとうございました。お陰様で  ワードプレス始めることが

できるようになりました! こんな私でも何とかここまで くる事が出来たのは

とても丁寧で分かりやすい説明があったからだと思います。 

本当にありがとうございました。これから頑張ります。

返信する
トミヨシ tomiyoshi

たかっぽさん。今日はありがとうございました。o(^▽^)o
こちらこそ、説明が至らないとこもあったと思いますが、
真剣に向き合って下さり、感謝しています。
またわからないことがあれば、Zoom使ってお教えしますので、気軽に質問してください

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です