Word Press

GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法【やっておくべき初期設定3つ】

WordPressにGoogleアナリティクスを設置する方法
新米ブロガー

WordPressブログにGoogleアナリティクスを導入したいけど、なんだか難しそうで困ってます。

初心者でもわかるように、具体的な手順を教えてください。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • Googleアナリティクス【初心者向け基礎情報】
  • GoogleアナリティクスをWordPressに設置する手順
  • アナリティクス設置後にやっておくべき設定3つ

 

この記事を参考にすることによって、WordPressブログ初心者でも失敗することなくGoogleアナリティクスの設置を完了させることができます。

 

さらに、アナリティクス設置後にやっておくべき初期設定についても紹介しているので、これから導入予定の方はどうぞ参考にしてみてください。

 

トミヨシ

Googleアナリティクスの導入は、今後のサイト運営においてとても大切です

このページを参考にしてしっかり導入しておきましょう

 

Googleアナリティクスって何?【初心者向け基礎情報】

 

Googleアナリティクスが「そもそもよく分からない」という方のために、簡単に解説しておきます。

 

Googleアナリティクスって何?

Googleアナリティクスは、グーグルが提供している無料の解析ツールのこと。

無料で使える上に、アクセスに関する沢山のことを分析できるので、とても便利なツールです

 

これを設置することで、以下のようなことが分かります

 

  • ブログサイトの訪問者の数
  • 訪問者はどこから見に来たのか?
  • 訪問者がそのページを見ている時間
  • 訪問者がアクセスに使用したデバイス
  • 訪問者がたどったサイト内の経路

 

これら沢山のデータを計測・管理することで、サイト改善のヒントを見つけることができます。

 

アナリティクス設置は、アドセンスの審査にも必要

Googleアナリティクスの設置は、アドセンス審査においても必要です。

 

といっても、必須の項目として決められているわけではなく、「できるだけ使ってくださいね」と推奨されてる感じです。

 

Google アナリティクスは、ウェブサイトのトラフィックやマーケティングの効果を把握するのに役立つウェブ解析ソリューションです。高度で柔軟性に優れた機能は、使い勝手も抜群。

革新的な方法でトラフィック データを分析できます。分析結果に基づいてウェブサイトのデザインを改善することで、マーケティング力の強化にもつながります。

引用:Adsense「活用のヒント」

 

推奨しているってことは「使えよな!」ってことなので、忖度しましょ。

 

どちらにしろ、今後のブログ運用においても絶対に必要になるものなの、設置しておいて損はないです。

 

トミヨシ

ちなみに、Googleアナリティクスだけでなく、サーチコンソールの設定もアドセンス審査では推奨されています。

アナリティクスの設置が完了したら、サーチコンソールの設定も済ませておきましょう

 

詳しくは、サーチコンソールをWordPressに設定する方法【テーマ別/確認コードの貼り方まとめ】で解説しているので、そちらを参照してみてください。

 

GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法

検索エンジン

 

なんとなく「Googleアナリティクス」の便利さ&重要さが分かったところで、さっそく設置の手順を解説していきます

 

手順は2ステップです

  1. Googleアナリティクスに新規登録
  2. トラッキングIDをWordPress内に設置する

 

手順通りにやれば、初心者の方でも失敗なく導入できるので、しっかり付いてきてください。

 

Googleアナリティクスに登録するには「Googleアカウント」が必要になります。

 

トミヨシ

Gメールなどを持っている場合はGoogleアカウントを持っているはずです。

「よく分からない」「Passを忘れた」という方は、以下をクリックしてアカウント作成の手順へどうぞ

ここをクリック「アカウントの作成手順」

 

Googleアカウント申込画面から【Googleアカウントを作成する】をクリック

Googleアカウント

 

■以下の項目を埋めて【次へ】をクリック

Googleアカウント

 

■電話番号を入力して、【次へ】をクリック

Googleアカウント

 

■ケータイに届いた確認コードを入力して【確認】をクリック

Googleアカウント

 

■以下のアカウント情報を入力し、【次へ】をクリックします

アカウント

 

✔ 入力する項目

  • 再設定用のメールアドレス【省略可能】
  • 生年月日
  • 性別

 

■電話番号の活用

Googleアカウント

※ここはスキップでもOKです。

 

■利用規約を確認し、下にある【同意する】をクリック

Googleアカウント

Googleアカウント

 

トミヨシ

ここまで終了すると「Googleアカウント」の作成はOKです。

次は、アナリティクスに申し込んでいきましょう

 

 

すでにGoogleアカウントを持っているという方は、Googleアナリティクスへの新規登録へ進みます。

 

①:Googleアナリティクスに新規登録する

 

Googleアナリティクス申込ページからアクセスし【無料で設定】をクリック

 

■アカウントの作成から、「新しいアカウント名」を入力

Googleアナリティクス

※ここのアカウント名は任意の名前を付けられます。

 

自分の名前でも会社名でも管理しやすい名前を入れるようにしましょう

 

■アカウントデータの共有設定をさらっと確認して、一番下の【次へ】をクリック

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

 

※アカウントデータの共有設定の✔はそのままでOKです。

 

「Googleアナリティクスとその他のGoogleサービスを共有できますよ」という内容です。

 

■測定の対象では、一番上の「ウェブ」を選択。【次へ】をクリック

Googleアナリティクス

 

■プロパティの設定で必要な項目を入力する

Googleアナリティクス

 

入力項目のヒント

ウェブサイトの名前 あなたのブログやサイトの名前(※後から変更できます)
ウェブサイトのURL 【https://】に切り替えて、その後のURLを入力
業種 自分のブログに近いもの/無ければその他でもOK
レポートのタイムゾーン 日本で利用しているなら【日本】

 

入力が終わったら【作成】をクリックしてください。

 

■アナリティスクの「利用規約に同意」する

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

 

規約を確認し、同意するをクリックしてください。

 

■「自分のメール配信」で希望の欄をチェックして保存

Googleアナリティクス

 

※Googleアナリティクスからチェックした項目の情報を受け取れます。

 

とりあえず上の2つくらいでいいかなと思いますが、チェック無しも可能です。設定は後からでも変更できます

 

以上で、Googleアナリティクスへの登録は終了です。

 

登録が完了すると、以下のような画面が表示されトラッキングIDを確認できます

Googleアナリティクス

【▼拡大すると▼】

Google穴リティスクトラッキングID

 

 

この【UA-●●●●●●】から始まるコードをコピーして、WordPressへ設置していきます。

 

②:トラッキングIDをWordPressに設置する

トラッキングIDをWordPressに設置するには、3つの方法があります。

 

  1. WordPressテーマの専用枠に設置する
  2. プラグインを使って設置する
  3. テーマ編集で<head>~</head>内に設置する

 

上記のどれか一つの方法で設置できればOKなので、併用はしないでください。

 

それぞれ解説します

 

1.WordPressテーマの専用枠に設置する

まずは、WordPressテーマの専用枠に設置する方法です。

 

今回は、当サイトでも使っているSEOに特化したテーマAFFINGER5で解説していきます。

 

ポイント

SEOに特化したテーマを使っている場合、これらを簡単に設置できる専用枠が用意されています。

テーマの機能を使ったほうが安全かつ、確実に設置できるのでおすすめです。

 

SEOに特化したテーマについては、【失敗しない】WordPressテーマおすすめランキングTOP3【初心者向け】を参照してください。

 

関連記事
おすすめWordPressテーマ
【2020年】ブログにおすすめWordPressテーマ6つ【失敗したくない人向け】

続きを見る

 

では、気を取り直して手順を解説していきます。

 

■「AFFINGER5管理」→「Google・広告/AMP」をクリック。Google連携に関する設定の一番上にある「アナリティクスコード(トラッキング)」の枠内に、先ほどのID「UA-」以降を貼り付け。

AFFINGER5アナリティクス設置の方法

 

画面下にある「save」をクリックしたら設置は完了です。

 

※貼り付けるのは、黄色の部分「UA-○○○○○○○○○○」だけです。

 

設置が完了すると「現在のトラッキングID」の部分にIDが表示されます。

AFFINGER5アナリティクス設置の方法

 

以上で設置は完了です。

 

次はプラグインを使って設置する方法です。

 

2.プラグインを使って設置する

All in One SEO Pack

 

プラグインを設置するなら、All in One SEO Pack がおすすめです。

 

■「プラグイン」→「新規追加」で「All in One SEO Pack」と検索。 「今すぐインストール」→「有効化」してください。

All in One SEO Packインストール手順

 

■ダッシュボードに追加された「All in One SEO Pack」から「一般設定」をクリック

All in One SEO Packインストール手順

 

■下へスクロールすると「Googleアナリティクス」の項目があるので「アナリティクスID」の欄にトラッキングコードを貼り付けます。

All in One SEO Packインストール手順

 

※貼り付けるのはUAから始まるコード「UA-○○○○○○○○○○○」全てです。

 

貼り付けたら「設定を更新」をクリック。

 

以上で、プラグインを利用したアナリティクスの設置は完了です。

 

テーマ編集の<head>~</head>タグ内に設置する

次は、テーマエディターの<head>~</head>タグ内に設置する方法です。

 

ここには、先ほどのトラッキングIDではなく、その下に表示されている「グローバルサイトタグ」を貼り付けていきます

headタグ内にアナリティクスを設置する方法

 

■「外観」→「テーマエディター」をクリックし、テーマファイルの中から「テーマヘッダー」(header.php)をクリック

headタグ内にアナリティクスを設置する方法

 

※途中で注意喚起が表示されたら「理解しました」をクリックしてください

headタグ内にアナリティクスを設置する方法

 

■テーマヘッダーファイル内の</head>の直前に貼り付け、「ファイル更新」をクリック

headタグ内にアナリティクスを設置する方法

 

以上で、テーマエディターを使ったアナリティクスの設置は完了です。

 

Googleアナリティクス設置後にやっておくべき設定3つ

 

次は、Googleアナリティクス設置後にやっておくべき設定を3つ紹介していきます。

 

設定するのは以下の3つです

 

  1. フィルターの作成【自己アクセス除外の設定】
  2. ユーザー属性レポートの有効化
  3. サーチコンソールとの連携

 

それではそれぞれ解説していきます

 

①:フィルターの作成・指定したアクセスを除外する

まずは、フィルター作成【アクセス除外の設定】です。

 

Googleアナリティクスは、詳細なデータを計測してくれる便利なツールですが、初期設定のままでは、自分がアクセスしたデータまで計測してしまいます。

 

なので、それらを計測データからから除外しなくてはいけません

 

トミヨシ

「やった!アクセス来たぁ!」と思っても、それに自分が見たアクセス数もカウントされてたら意味ないですよね。

それでは、正確な数字が分かりませんし、データ計測の邪魔になってしまいます。

 

という訳で、それを除外する設定を行っていきます

 

■アナリティクスホームから「管理」をクリックし、ビューの設定から「フィルタ」をクリック

Googleアナリティクス

 

■「+フィルタを追加」をクリックし、必要な項目を入力

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

 

フィルタ名 任意の名前を入力
フィルタの種類 カスタム
フィルタフィールド IPアドレス
フィルタパターン 自分のIPアドレスを入力

 

ポイント

「IPアドレス」というのは、パソコンやスマホなど、その機器を判別するために、ネット上で割り当てられた住所みたいなもの。

自分のIPアドレスはこちらをクリックすると分かります【>>IPアドレス

 

これを入力することで、そこからのアクセスを除外することができます。

 

実際に入れてみるとこんな感じ↓

Googleアナリティクス

 

■入力が終わったら【保存】をクリックして完了

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

 

以上で、自分のアクセスの除外は完了です

 

②:ユーザー属性レポートを有効化する

次はユーザー属性レポートの設定です。

 

ユーザー属性レポートというのは、ブログサイトに訪れた人の年齢・性別・興味関心などを計測できるもの。

 

初期段階ではこれがOFFになっているので「有効」に切り替える設定をしていきます。

 

■アナリティクスホームから「管理」をクリックし「プロパティ設定」をクリック

Googleアナリティクス

 

■プロパティ設定内の「広告向け機能」からユーザー「属性レポートと....」の項目をオンに切り替える

Googleアナリティクス

 

■切り替えたら、下にある【保存】をクリックして完了です

Googleアナリティクス

 

次は、サーチコンソールとの連携です。この流れで、Googleサーチコンソールとの連携もしておきましょう

 

③:サーチコンソールの連携

次は、サーチコンソールとの連携です。

 

アナリティクスではアクセスに関するデータや行動が解析できるのに対して、サーチコンソールはサイトを監視・管理するためのツール

 

この2つを連携しておくとアナリティクスの画面でも、サーチコンソールのデータを共有できるので便利です

 

2つの違いは?

サーチコンソールは、サイトそのものの状態(検索順位やエラー検知など)を計測できるのに対して、Googleアナリティクスはサイトに訪れた読者の動向が分かります。

 

  • サチコ:サイトそのものの状態が分かる
  • Googleアナリティクス:サイトを見に来た読者の動向が分かる

 

二つを組み合わせることによって、SEO対策はバッチリです。

 

まだ設定していない方は、サーチコンソールをWordPressに設定する方法で解説しているので、そちらを参照してみてください。

 

それでは連携の手順を解説します。

 

■先ほどと同じプロパティ設定の中から【Search Consoleを調整】をクリック

Googleアナリティクス

 

■「追加」をクリック

Googleアナリティクス

 

■連携するサイトのURLをクリックし、保存

Googleアナリティクス

 

サーチコンソールへの登録が終わっていると、この項目に連携できるURLが表示されます。

 

選んでチェックを入れたら【保存】をクリックしてください。(※「関連付けの追加」の確認画面が出たら、OKを選んでください。)

 

■アナリティクスの画面へ戻って【完了】をクリック

Googleアナリティクス

 

■もう一度「SearchConsoleを調整」から確認して、以下のようになれば連携は完了です

Googleアナリティクス

 

以上で、初期設定は終了です お疲れ様でした 。

 

まとめ:Googleアナリティクスでサイトの状態を常にチェックしよう

 

今回は、Googleアナリティクスの設置方法を細かく解説してきましたが、うまく完了できましたか?

 

Googleアナリティクスを設置することで、サイトの状態を管理しながら、改善のヒントを得ることができます。

 

アクセスの状態を常にチェックして、サイト運営を成功させましょう。

 

併せて、サイトの状態を監視するのに便利なサーチコンソールの設定方法は、下記の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

 

関連記事
サーチコンソールをWordPressに登録・設定する方法
サーチコンソールをWordPressに設定する方法【テーマ別/確認コードの貼り方まとめ】

続きを見る

 

と言うわけで、今回は以上です。




  • この記事を書いた人

トミヨシ

★トミヨシ@学び直し系ブロガー▶元大手チェーン居酒屋店長(社畜期)▶自動車整備士(将来への不安期)▶副業ブログ開始(苦節2年半)▶2019年8月7桁達成|(最高月 73万pv/230万円)▶アプデとコロナで収益減▶一から学び直し「積み上げ系コンテンツ」を構築中▶既婚/子3人/▶ゼロから再出発します!!!

-Word Press
-

© 2020 Tomiyoshi Blog