Word Press

サーチコンソールをWordPressに設定する方法【テーマ別/確認コードの貼り方まとめ】

サーチコンソールをWordPressに登録・設定する方法
新米ブロガー

WordPressにサーチコンソールを設定する方法が知りたいです。

ブログ初心者でも分かるように、わかりやすく教えてください。

 

こんな方へ向けた内容です。

 

本記事の内容

  • サーチコンソールとは?【サチコの基礎知識】
  • WordPressにサーチコンソールを設定する方法
  • 各WordPressテーマ別「確認コード」の貼り方

 

この記事を参考にすることによって、初心者でも迷うことなく、サーチコンソールの登録から、設定まで完了させることができます。

 

トミヨシ
確認コードを貼り付ける場所まで、各テーマ別に解説していくので、「確認コード」をどこに貼り付けて良いかわからないという方も参考にしてみてください。

 

以下、6種類のテーマ別に貼り付け場所を紹介しています。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • STORK 19
  • THE THOR
  • SANGO
  • JIN

 

自分が使ってるテーマの「確認コード」の貼り付け場所を早く知りたいという方は、目次から選んでジャンプしてください。

 

サーチコンソールとは?【サチコの基礎知識】

サーチコンソール

 

サーチコンソールとはGoogleが提供している無料の解析ツールのことで、サイトの状態を監視・管理・改善するのに役立てることができます。

 

通称「サチコ」とも呼ばれ、ページのクリック数や、クリック率、掲載順位、検索されたキーワードなどを確認することができます。

 

サーチコンソールでできること

  1. サイトマップの送信
  2. サイトのインデックスや削除のリクエスト
  3. 検索されているKW(クエリ)の確認
  4. クリック数・表示回数・クリック率・掲載順位の確認
  5. サイトのエラー、ペナルティーの確認

 

これ以外にもありますが、大体こんな感じです。

 

SEO対策をする上でもとても大切なツールですので、しっかり導入しておきましょう。

 

サチコとアナリティクスの違いは?

サーチコンソールは、サイトそのものの状態(検索順位やエラー検知など)を計測できるのに対して、Googleアナリティクスはサイトに訪れた読者の動向が分かります。

 

  • サチコ:サイトそのものの状態が分かる
  • Googleアナリティクス:サイトを見に来た読者の動向が分かる

 

二つを組み合わせることによって、SEO対策はバッチリです。

 

詳しくは、GoogleアナリティクスをWordPressに導入する手順で紹介しているので、そちらを参照してください。

 

関連記事
WordPressにGoogleアナリティクスを設置する方法
GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法【やっておくべき初期設定3つ】

続きを見る

 

WordPressにサーチコンソールを設定する方法

パソコン子供初心者

 

  1.  サーチコンソールに登録して確認コードを取得
  2. WordPressサイト内にコードを貼り付けて確認・承認

 

それでは、さっそくサーチコンソールをWordPressに設定していきます。

 

①:サーチコンソールに登録して確認コードを取得

 

■サーチコンソールにアクセスし【今すぐ開始】をクリック

 

※Googleアカウントを持っていない方は、先にアカウントを作成しておきましょう

 

■【URLプレフィックス】の方にサイトURLを貼り付け【続行】をクリック。

 

■「所有権の確認」から【HTML タグ】を選択

 

 

■「確認用のタグコード」が出てくるのでコピーしてください。

サーチコンソール登録する方法

 

コピーしたコードはこんな感じです。

<meta name="google-site-verification" content="sKMiKmjWnwTGgpoKMJxsmUKynHy0TeOb4BqLRANZh8E" />

 

これをあなたのサイト内に貼り付けていきます。

(※この時点ではまだ【確認】を押さないでください。)

 

②:WordPressサイト内にコードを貼り付けて確認・承認

次は、所有権の確認です。

 

先ほどのコードをあなたのWebサイトに貼り付けることで、あなたがサイトの所有者であることを認めてもらう作業になります。

 

ポイント

貼り付ける場所は<head>~</head>内ですが、テーマによっては「テーマ編集」から貼り付けしなくても、もっと簡単かつ、安全に貼り付けることができます。

 

というわけで、ここからはWordPress完全初心者でも分かるように、各テーマ別に確認コードを貼り付ける場所を紹介していきます。

 

紹介するのは以下のテーマです。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • STORK 19
  • THE THOR
  • SANGO
  • JIN

 

どれも、利用者の多い人気のテーマばかりですので、どれかに当てはまると思います。

 

Cocoonに設定する方法

無料テーマ「Cocoon」は、Cocoon設定から貼り付けていきます。

 

■ダッシュボード「Cocoon設定」→「アクセス解析・承認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

■下へスクロールし「Google Search Console設定」内の枠に貼り付け、変更を保存します。

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

貼り付けるのは、先ほどコピーしたコードの「” ”」内のコードです。(※””は含みません)

<meta name="google-site-verification" content="sKMiKmjWnwTGgpoKMJxsmUKynHy0TeOb4BqLRANZh8E" />

 

■先ほどの所有権の確認へ戻り、「確認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

■確認しましたと表示されればOKです。

 

AFFINGER5に設定する方法

AFFINHER5 は、「AFFINGER5 管理」から設定していきます

 

■「AFFINGER5管理」→「Google・広告/AMP」→ Google連携に関する設定の中にある「サーチコンソールHTMLタグ」にコードを貼り付け「save」

サーチコンソール所有権の確認・AFFINGER編

 

貼り付けるのは、先ほどコピーしたコードの「” ”」内のコードです。(※””は含みません)

<meta name="google-site-verification" content="sKMiKmjWnwTGgpoKMJxsmUKynHy0TeOb4BqLRANZh8E" />

 

■先ほどの所有権の確認へ戻り、「確認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

■確認しましたと表示されればOKです。

 

STORK19 に設定する方法

SUTORK19 は、「カスタマイズ」から設定していきます

 

■「外観」→「カスタマイズ」をクリック

サーチコンソールSTORK19所有権確認

 

■「アクセス解析コード・headタグ」をクリック

サーチコンソールSTORK19所有権確認

 

■<head>タグ内の枠に、解析コードをそのまま貼り付けて「公開」

サーチコンソールSTORK19所有権確認

 

■先ほどの所有権の確認へ戻り、「確認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

■確認しましたと表示されればOKです。

THE THORに設定する方法

THE THOR はカスタマイズから設定します

 

■「外観」→「カスタマイズ」をクリック

サーチコンソール・所有権の確認設定・THE THOR編

 

■「基本設定」をクリック

サーチコンソール・所有権の確認設定・THE THOR編

 

■「アクセス解析設定」をクリック

サーチコンソール・所有権の確認設定・THE THOR編

 

■Google Search Consoleの承認IDの枠に、確認コードを貼り付けて「公開」

サーチコンソール・所有権の確認設定・THE THOR編

 

貼り付けるのは、先ほどコピーしたコードの「” ”」内のコードです。(※””は含みません)

<meta name="google-site-verification" content="sKMiKmjWnwTGgpoKMJxsmUKynHy0TeOb4BqLRANZh8E" />

 

■先ほどの所有権の確認へ戻り、「確認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

■確認しましたと表示されればOKです。

 

SANGOに設定する方法

SANGOは、カスタマイズから設定していきます

 

■「外観」→「カスタマイズ」をクリック

サーチコンソール所有権の確認SANGO編

■「詳細設定」をクリック

サーチコンソール所有権の確認SANGO編

■「headタグ内にコードを挿入」の枠に確認コードをそのまま貼り付けして「公開」

サーチコンソール所有権の確認SANGO編

 

■先ほどの所有権の確認へ戻り、「確認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

■確認しましたと表示されればOKです。

 

JINに設定する方法

JINは、ダッシュボードの「HTML」から設定できます

 

■ダッシュボード内の「HTMLタグ設定」をクリックし、コードを貼り付けて「変更を保存」

サーチコンソール設定JIN編

 

■先ほどの所有権の確認へ戻り、「確認」をクリック

サーチコンソール所有権の確認・Cocoon編

 

■確認しましたと表示されればOKです。

 

というわけで、いろんなテーマでの確認コード挿入方法でした。

 

サーチコンソールをWordPressに設定できたらサイトマップを送信しよう

サイトマップ

 

サーチコンソールの設定が完了したら、XMLサイトマップ送信をしましょう。

 

ポイント

XMLサイトマップというのは、あなたのサイトの設計書のようなもので、サイトの構造を正しく認識してもらうためにも必要なものです。

 

サイトマップの送信はサーチコンソールから行いますが、その為には前もって「XMLサイトマップ」をWordPress側で作成しておかなければいけません。

 

XMLサイトマップの作成方法については、XMLサイトマップをWordPressで作成する方法【サーチコンソールへ送信する手順まで】を参照してください。

 

関連記事
WordPressでXMLサイトマップを作成・送信する方法
WordPressでXMLサイトマップを作成しサーチコンソールへ送信する方法

続きを見る

 

という訳で、今回は以上です。




  • この記事を書いた人
トミヨシ

トミヨシ

★トミヨシ@学び直し系ブロガー▶元大手チェーン居酒屋店長(社畜期)▶自動車整備士(将来への不安期)▶副業ブログ開始(苦節2年半)▶2019年8月7桁達成|(最高月 73万pv/230万円)▶アプデとコロナで収益減▶一から学び直し「積み上げ系コンテンツ」を構築中▶既婚/子3人/▶ゼロから再出発します!!!

-Word Press
-

© 2020 Tomiyoshi Blog