2020年最新!アドセンス審査に合格する方法|審査用ブログの作り方【完全版】

アドセンス/審査用ブログ/Google/作り方

ここでは、Googleアドセンスに合格するための「審査用ブログの作り方」について、サイトで行うべき設定、コンテンツの作り方など、細かく解説してきます!

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]
  • Googleアドセンスの審査に合格したい
  • 不合格ばっかでなかなか通らない
  • どんな記事を書けば合格できるのかな?
  • 設定とか、何が必要なのか知りたい
  • 文字数はどれくらい必要なの?
  • 記事数は何記事あれば合格できる?
[/voice]

こんな疑問に答えていきます!

 

この記事の内容↓

  1. 審査ブログを作る前に知っておくべき3つのポイント
  2. 審査用ブログに必要な「サイト設定・登録」について【重要】
  3. 審査用ブログ「記事コンテンツ」の作り方【重要】
  4. オマケ【先日、合格させた検証用サイト公開】←どの程度で合格するかわかります

 

✔この記事の信頼性

僕は今までに何度もGoogleアドセンス審査に合格しています。以下、所有しているアドセンス合格サイトの数↓

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

運用ブログで9サイトほど、その他のアドバイス等では十数サイト以上合格させている経験があります。

期限切れで削除されたものもあるので、現在は8サイトの所有ですが、アドセンス審査に関しては かなり得意な方だと自負しています。

[/voice]

 

先日(2020/4/02)も検証用のブログでアドセンス審査に合格させたばかり↓

 

↑ちなみにこれは、検証するためだけに立ち上げたブログ。(後半でこのサイト公開してます。)

 

検証用なので記事の内容自体はちょっと微妙ですが、「要点を押さえれば合格できるよ!」ということを証明したかったので、あえてテキトーな内容をぶち込んで合格させました。

 

それらの経験も盛り込みつつ、具体的に解説しています。合格するためのポイントを全て網羅した内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

初めて審査に申し込む方、何度申請しても不合格になってしまう方のために、少しでも参考になれば幸いです!

アドセンス審査で承認されるための3つのポイント!

アドセンス審査用ブログを作る前に、知っておくべきポイントが3つあります。

 

これは審査に承認される為の重要な項目で、実際にGoogleアドセンスチームがヒントとして動画で紹介しているほど。

 

まずは以下の動画をご覧下さい↓

 

以下、動画で紹介されている押さえるべきポイントは3つ。

  1. 広告コードを正しくサイトに配置すること
  2. リーチ可能なサイトにすること
  3. プログラムポリシーに準拠(じゅんきょ)すること
[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

当たり前のことのようで、意外と見落としそうなポイントですよね。アドセンスチームがあえて動画にするということは、これらがものすごく重要であることがわかります!

[/voice]

 

ちょっと難しい部分もあるので、今の時点ではなんとなく理解する程度で構いません。後半ではこれらも含めて解説していくので、ご安心ください。

 

それでは、この3つのポイントから解説していきます。

①:「広告コード」を正しくサイトに配置すること

まずは、審査用のコードを正しく設置することが大事!

 

「そんなの当たり前じゃん」って思う方もいるかもしれませんが、この間違いが多いから動画でわざわざ紹介しているのでしょう。

 

審査用の広告タグは、サイトの<head>タグ間に正しく配置する必要があり、ここを間違うと永遠に合格できません。

 

審査コードの貼り間違いで審査に不合格になってしまうのは本当に勿体ないので、注意が必要です!

 

よくわからないという方は、【Googleアドセンス】申し込み方法と手順「審査コードの入れ方」で解説しているので、そちらを参照してください。

 

②:「リーチ可能なサイト」にすること

「リーチ可能なサイト」というのは、全てのページにアクセス出来るようにしておくということ。

 

ダウンしていたり、正しく読み込めないサイトは審査できないと言っています。

 

例えば、以下のような状態↓

  • 審査に申し込んだURLが間違っている
  • パスワードを入れないと閲覧できないページ
  • noindex設定されているページ
  • トップページからアクセスできないページ
  • 削除ページへのリンク「404ページ」がある

 

URLの間違いや、パスワード設定されているページは論外ですが、知らず知らずのうちに「noindex設定」になっていたりするのはよくある事です。

 

noindex設定で「robot.txtファイル(審査ロボット)」をブロックしてしまわないように注意しましょう。

 

また、審査前に削除したページへのリンクが残っている場合でも、リーチできないページになってしまいます。

 

「404ページ」へのリンクが残っている場合でも不合格の原因になるので、注意してください。

 

↑ブログの記事内に、こんな404ページにつながるリンクは無いですか? これがある場合も審査に通らなくなるのでチェックしておきましょう。

③:アドセンスポリシーに準拠(じゅんきょ)すること

「アドセンスポリシーに準拠(じゅんきょ)」することが審査に合格する上ではとっても重要。

 

つまりアドセンスが掲げるルールをちゃんと守りましょうってことですね。これらのポリシーが守れていないと、審査にはまず通りません!

 

動画では、ポリシー違反が多い例として、3つを挙げています。

  1. 有用性の低いコンテンツ
  2. 複製されたコンテンツ
  3. サイトナビゲーション

 

有用性の低いコンテンツ

有用性とは「人の役に立つ」ということ。

 

誰かの役に立つような価値のあるコンテンツ(記事内容)でないと、審査には合格できませんよ!ということですね。(※この項目は後で詳しく解説します)

 

しかも、それは貴方だけの独自コンテンツである必要があります。人の役に立つ内容でも、パクった内容では合格できません。

 

複製されたコンテンツ

審査に申し込むコンテンツは、複製されたコンテンツでない独自性が求められます。

 

コピーして真似したサイト、簡単なリライト程度の記事は見破りますよ!ということですね。

 

アドセンスは特にこういった部分に敏感で、複製コンテンツに関して厳しい見解を示しています。

別のサイトの記事や埋め込み型動画など、外部のコンテンツを使用する際はご注意ください。最も重要なのは、専門家の知識、何かを改善する方法、クチコミ情報、自分のアイデアなど、他にはない独自のコンテンツを掲載することです。Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーで定められているように、AdSense 広告は、独自性がないコンテンツや著作権で保護されたコンテンツを掲載しているサイトには表示できません。そのようなコンテンツへの広告掲載はポリシー違反に該当するため、広告配信の停止やアカウントの閉鎖につながる場合もあります。

引用:Adsenseヘルプ

しかも、これは外部のサイトだけに限らず、自分のサイト内でも同じこと。

 

審査に申し込むサイト内で「同じ文章」「同じタイトル」またはそれに近い場合は、重複したコンテンツとみなされてしまうので、注意が必要です!

 

サイトナビゲーション

ユーザーが操作しやすいサイトにするために、カテゴリー分けや、メニューバーを活用しましょうと言っています。

 

先程の「全てのページにリーチできること」という項目にも似ている部分で、訪れたユーザーが迷わずにコンテンツにたどり着けるようにすることが大事です。

 

この部分に関しても後で解説しますが、ナビゲーションメニューの設定、カテゴリ分けはしっかり設定するようにしましょう。

 

審査ブログを作る上で、上記の内容はしっかり抑えておく必要があります。これらを頭に入れた上で、進んでいきましょう。

アドセンス「審査用ブログ」の作り方

 

ここからは、アドセンス審査要ブログの作り方を紹介していきます。

 

審査用ブログを完成させるには、先ほど紹介した審査に承認されるための3つのポイントを踏まえつつ、以下の2つの項目に分けて解説していきます。

  1. 必要な「サイト設定・登録」について【重要】
  2. 「記事コンテンツ」の作り方【重要】

 

少し長くなってしまいますので、ブックマークするなどして、一つずつチェックしていってください。それでは解説していきます。

①:アドセンス審査用ブログ【サイトの設定・登録について】

アドセンスに申込むブログは、基準をクリアするために、以下の項目の設定、登録を済ませておく必要があります。

  • 独自ドメインのブログであること
  • プライバシーポリシー【固定ページ】の作成・公開
  • 問い合わせページ【固定ページ】の作成・公開
  • XMLサイトマップの作成
  • サーチコンソールの登録
  • Googleアナリティクスの登録
  • 運営者情報(プロフ)の明記【必須ではない】
  • ナビゲーションメニュー
  • サイドバーの不要な項目は削除

一部で、審査に直接は関係ないものもありますが、これらの項目はサイト運営においても大事な項目ですので、しっかり設定&登録をしていきましょう。

 

という訳で、長~くなりますが、どうぞ最後までお付き合いください。m(_ _)m

1.「独自ドメイン」のブログであること

審査用ブログは「独自ドメイン」で申込みましょう

 

これは、基本中の基本なので今更かもしれませんが…。無料ブログで申し込もうとしている場合は審査にものすごく通りにくいので注意してください。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

まれに無料ブログで審査に通る場合もありますが、基本的には無理だと思ってください。

僕自身も「はてな」の無料版で検証中ですが、かなり難しいです。(←設定、サイトマップ送信など)

また、アドセンス自体も「サブドメイン以外(無料ブログ含む)」で申し込んでくださいと言っていますので、独自ドメインで申込みましょう。

[/voice]

 

独自ドメインでブログを持っていない方は「初心者向け・WordPressの始め方」で解説しているので、そちらを参照して下さい。

 

2.プライバシーポリシー【固定ページ】の作成・公開

審査用ブログに「プライバシーポリシー」の設置は絶対に必要です。

 

「プライバシーポリシー」とは、個人情報の利用目的や管理方法を記載し公表したもの。

 

これをワードプレスの固定ページにコンテンツとして作成し、公開しておかなければいけません。

 

これは、アドセンス公式にも記載されている内容で、必須コンテンツとなっています。

AdSense サイト運営者様は、ウェブサイトに広告を掲載することで、そのサイトを訪れたユーザーのブラウザに第三者が Cookie を保存したり、保存された Cookie が第三者によって読み取られたり、第三者がウェブビーコンを使って情報を集めたりする可能性があることについて、これを明示するプライバシー ポリシーを掲載し、その内容に準拠する必要があります。詳しくは、サイトのプライバシー ポリシーの記載方法に関する説明をご確認ください。

出典元:Adsenseヘルプ 

 

「プライバシーポリシーページ」は、公式ヘルプを参考に自分で作成してもいいですし、コピーして掲載してもOKです。

 

詳しくは「プライバシーポリシーの設置方法と、雛形テンプレを紹介」のページで解説していますので、そちらを参照してください。

 

3.問い合わせページ【固定ページ】の作成・公開

「問い合わせページ」の設置も審査用ブログには必要です。

 

これを設置していなくて、審査に通らなかった人も多くいるので、そこそこ重要な部分だと思います。(※実際に僕も必ず設置しています。)

 

また、問い合わせページを用意していないと、広告掲載の依頼、閲覧者からの質問など、それらにも対応できなくなってしまいます。

 

それらを考えても「問い合わせページ」は必要なので、必ず設置するようにしましょう。

 

「問い合わせページ」の設置方法がわからないという方は、【ワードプレスに問い合わせページを設置する方法】で解説していますので、そちらを参照してください。

 

4.XMLサイトマップの作成

「XMLサイトマップ」を作成することも審査用ブログには大事な項目です。

 

これに関してはアドセンス審査というより、ブログ運営において必要という感じ。このあと紹介するサーチコンソールの登録の時にも必要な項目となるので、しっかり作成しておきましょう。

 

ちなみに、ここでいうサイトマップは、ユーザー向けの一覧ページではなく、クローラーに認識してもらう「XMLサイトマップ」のことです。

 

あなたのブログサイトを正しく認識してもらうためにも大事なので、しっかり作成しておきましょう。

 

まだ作成、設定していない方は「Google XML Sitemaps」の使い方と設定方法。初心者向けにやさしく解説を参照してください。

 

5.サーチコンソールの登録

「Google サーチコンソール」の登録も、審査用ブログには需要な項目です。

 

このサーチコンソールというのは、Googleが提供する無料のサービスのことで、サイトの検索順位を監視したり、運用においての管理、改善するために必要となります。

 

先程紹介したアドセンスチームの動画でも出てきましたし、アドセンス公式ヘルプの「活用のヒント」でも推奨されています↓

Google のウェブマスター向けのツールを使用すると、クロールやインデックスに関する問題を解決し、サイトへのトラフィックを増やすことができるほか、ユーザーによるアクセスを解析できます。

引用:Adsenseヘルプ「活用のヒント」

 

この「Google のウェブマスター向けのツール」というのが、サーチコンソールのことですね。

 

アドセンスの審査では、サイト自体が適正に運用され「不具合が起きていないか?」「公開されたページを正しく認識できるか?」など、いろいろな部分をチェックされます。

 

それらを監視し、適正な審査を行うためにもサーチコンソールは必要不可欠なので、審査用ブログは必ずサーチコンソールに登録するようにしましょう。

 

ちなみに、先ほど紹介した「XMLサイトマップ」を作成しておかないと、サーチコンソールにサイトマップを登録することができませんので、ご注意を。

 

サーチコンソールの登録方法は、「Googleサーチコンソール」登録方法とサイトマップ送信の流れをやさ~しく解説【ブログ初心者向け】で紹介していますので、そちらを参照してください。

 

6.Googleアナリティクスの登録

「Googleアナリティクス」への登録も審査用ブログには必要です。

 

「Googleアナリティクス」と言うのは、先ほどのサーチコンソールと同じように、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールのこと。

 

サーチコンソールは、Webサイトそのものを解析しますが、Googleアナリティクスは、ユーザーの行動に関するデータを細かく解析することができます。

 

こちらも、アドセンス公式ヘルプの「活用のヒント」に記載されています。

Google アナリティクスは、ウェブサイトのトラフィックやマーケティングの効果を把握するのに役立つウェブ解析ソリューションです。高度で柔軟性に優れた機能は、使い勝手も抜群。革新的な方法でトラフィック データを分析できます。分析結果に基づいてウェブサイトのデザインを改善することで、マーケティング力の強化にもつながります。

引用:Adsense「活用のヒント」

 

今後のブログ運用においても絶対に必要になるものですので、しっかり導入しておきましょう。

 

7.運営者情報(プロフィール)の明記【必須ではない】

運営者情報やプロフィールの設定はアドセンス審査に必要….という声がありますが、これは必須の項目ではありません

 

これらを掲載していなくても審査には通ります。

 

僕はこれまで何度もプロフや運営者情報を載せずに審査に申し込んでいますが、どれも普通に通過しています。

 

これがないと審査に通らないと書いてあるサイトは嘘です。断言します。

 

ただし!! 

 

サイトの信頼性を高めると同時に、ブログへのファンを増やすためにも簡単なプロフページは載せておいたほうがいいです。

 

固定ページでプロフィールページとして、自分年表のように作成してもいいですし、サイドバーに簡単に作るのもありです。

 

また、自分のブログサイトへの責任や愛着も生まれ、結果的にユーザビリティーの向上にもつながりますので、できれば記載するようにしましょう。

 

8.ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニューの設置もアドセンス審査には重要な項目です。

 

ナビゲーションメニューというのは、ブログの上部やサイドバーに並んでいる重要なページにすぐに到達できるリンクのこと。先程のヒント動画でも推奨されていた内容ですね。

 

これは、ユーザーが探している記事ページへアクセスしやすくするためのもので、ユーザビリティーの向上につながります。

 

また「問い合わせページ」「プライバシーポリシー」などもトップページからすぐにアクセスできるように設定しておく必要があります。

 

●ヘッダーメニュー【各記事ページへ繋がるリンク・カテゴリなど】

アドセンス審査・ナビゲーションメニュー

※ブログの上部に設定する、各記事へつながるリンク

 

●フッターメニュー【運営者情報・プライバシーポリシー・問い合わせページ】 

アドセンス審査・ナビゲーションメニュー

※ブログの下に設定する、問い合わせページやプライバシーポリシーへつながるリンク

 

こんな感じで設定すると、訪れたユーザーもアクセスしやすくなるので、しっかり設定するようにしましょう。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

「問い合わせページ」「プライバシーポリシー」などは固定ページで作成するので、そのまま公開しただけでは、トップページからアクセスできません。

リーチできないページ(トップページから見に行けないページ)が存在すると不合格になるので、しっかりメニュー内に含めるようにしましょう。

これが原因で不合格になることもあるようです。

[/voice]

 

9.サイドバーの不要なコンテンツは削除する

サイドバーの不要なコンテンツ・リンクは削除しましょう。

 

ワードプレスで新規ブログを立ち上げると、サイドバーに「メタ情報」などが公開されている場合がありますが、これらは審査において不要ですので削除してください。

 

というのも、アドセンス審査はアクセスできる全てのページが対象となるので、不要なコンテンツへのリンクは無い方が良いです。

 

また不合格時の「不十分なコンテンツ」の原因にもなってしまうので、審査合格までは以下の項目だけにしましょう。

  • カテゴリーページ
  • 簡単なプロフ(必須ではない)
  • サイト内検索

 

アーカイブ、タグページも、不十分なコンテンツの原因になりますので、無い方がいいです。

上の画像は検証用ブログのサイドバーの状態ですが、これで十分です。僕がアドセンス審査に申し込む時はこの項目だけにしています。

 

なんだか物足りない気もしますが、これらは合格してから増やせばいいので、審査用ブログの段階ではこれくらいにしておきましょう。

アドセンス審査用ブログ【記事コンテンツの作り方】

次は、アドセンス審査における記事コンテンツの作り方です。

 

いよいよ記事の作成に入るわけですが、ここでも注意する点は多いので、しっかり確認していきましょう。

  • 記事のタイトルは独自性を意識すること
  • 完全にオリジナルの記事であること
  • YMYLジャンル・禁止ワードは避ける
  • プログラムポリシー違反に気をつける
  • 見出しは3つ以上に分けよう
  • 文字数は最低でも1500文字以上【文字数にこだわない!】
  • 記事数は最低5記事【記事数にこだわない!】
  • カテゴリ分けは必須。でも増やしすぎない
  • タグは無くす。
  • アイキャッチ画像は載せよう【著作権に注意】
[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

まだまだ続きますが、頑張ってください!

[/voice]

1.記事タイトルは「独自性」を意識しよう

審査ブログの記事のタイトルは「独自性」を意識しましょう。

 

最初に紹介したヒント動画でも「オリジナル性・ 独自性」という部分を何度も強調していましたが、それは記事タイトルにも言えることです。

 

ただ、独自性といってもぶっ飛んだタイトルをつける必要はなく、ちょっとだけオリジナル感をプラスすれば大丈夫です!

 

以下、例としてあげてみます↓

  1. 【前】独自性を意識して記事タイトルをつける方法!
  2. 【後】記事タイトルに独自性を!読まれるタイトルはここが違う!?

 

①の場合はなんだか地味な印象で、どこにでもあるような普通のタイトル。

 

でも②番では同じような意味でも動きや勢いがあるので、独自性を感じますね。

 

もちろん、狙うキーワードとのバランスも大事なので個性を出せばいいってものでもないのですが・・・ライバル記事のタイトルと「丸かぶりしないように意識する」ことが大事。

 

組み合わせを変えたり、ちょっとプラスするだけでオリジナル感は演出できるので、是非意識してやってみてください。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

アドセンス審査の大半はロボットが判断します。

人間が雰囲気で判断するのではなく、機械的に独自性を判断するので、重複を避けることが何より大事!

既に存在する他の記事タイトルと完全に重複する場合、不合格になる可能性が高いので注意してください。(タイトルだけでなく内容もチェックして総合的に判断されます。)

[/voice]

 

そして、これは自分のサイト内でも一緒です。同じような記事タイトルが複数存在する場合も審査に通りにくくなるので注意してください。

 

↓こんな記事タイトルが危険!

  • アドセンス審査に合格する方法(記事編)
  • アドセンス審査に合格する方法(サイト設定編)
  • アドセンス審査に合格する方法(3つの注意点)

 

ちなみに、これらはSEOにも大きく影響しますので、できるだけ似通ったタイトルにならないようにしましょう!

 

2.完全に「オリジナル」の記事内容であること

記事タイトルだけでなく、コンテンツの内容は絶対にオリジナルで作成するようにしましょう。

 

ヒント動画でも何度も念を押していましたが「オリジナル性(独自性)」にアドセンスは敏感です!

 

アドセンス側が言う「価値のあるコンテンツ」というのは「オリジナル+人の役に立つコンテンツ 」の2つで成り立っているので、特にこの部分は大事!

 

人の記事をコピーしたり、簡単にリライトした程度の記事は見破られてしまいますので、注意が必要です。

 

では、どういった内容を書けば「オリジナルのコンテンツ」になるのか?

 

以下のような記事がオリジナル感を引き出せるオススメの内容です。

  • 自分の趣味に関することを書く
  • 自分の仕事に関することを書く
  • 自分の経験(いった場所・してきたこと)について書く
  • 自分の持ち物に関して書く
  • 自分の人間関係について書く

 

オリジナル感を出すなら、自分のことを書くのが一番です。これ以上のオリジナルはありません!

 

と言っても、1から新しいものを作り出すと言う必要はなく、あなたというフィルターを通すことによってオリジナルコンテンツは生まれます。

 

例えば、YouTubeとかで「〇〇してみたシリーズ」ってありますけど、あれってみんな同じことやってますよね?でも「誰がやってみたのか?」っていう部分でちゃんとオリジナル感が出ています。

 

ブログにも同じことが言えて「誰が経験し、何を、どのように伝えているのか?」という部分がオリジナルに繋がって来るわけです。

 

詳しくは「オリジナル記事の作り方とヒント」で解説していますので、そちらを参照してみてください。

 

3.YMYLジャンルに注意!

「YMYL」というのは、Your Money Your Life の頭文字をとったもので、「(現在・将来において) 幸福で健康な生活を送る上で、大きな影響を与える可能性があるページのこと

を差します。

 

ちょっと分かりにくいですが、病気や健康に関する内容、薬やサプリ、医療に関することなど人体に影響を与えるものや、保険や株・投資など金銭的に大きな影響を与えるもの。といった内容です。

いくつかの種類のページは、将来の幸福、健康、または財務の安定性に影響を与える可能性があります。私たちはそのようなページをあなたのお金やあなたの人生のページ、またはYMYLと呼んでいます。

引用元:General Guidelines(SEOラボ)

 

これらの内容に関してGoogleは敏感に記事の権威性を判断しようとします。

 

なので、審査に申し込む段階では「YMYL」に関する内容はできれば避けたほうがいいかもしれません。

 

また、これらの内容はアドセンスの審査に関わらず、SEOにおいても影響を受けやすいジャンルです。

 

権威性・専門性のない情報はアップデートの度に順位が変動しますので、専門家でない限りあまりおすすめできません。

 

4.プログラムポリシー違反に気をつける

審査ブログでは「プログラムポリシー」には違反しないように気をつけましょう。

 

もう、これに関してはアドセンス以前の問題なので、違反している場合は絶対に通りません!

  • 違法なコンテンツ
  • 知的財産の侵害
  • 絶滅危惧種
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 不適切な表示に関するコンテンツ
  • 悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • 国際結婚の斡旋
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

意外に気をつけなければいけないのが、子育て関連のジャンルです。

 

性的な意味はなくても「おっ〇い・乳首」といったワードは赤ちゃん関連では避けられない部分もあったりしますが、そういった部分を審査ロボットでは柔軟に判断できません。

 

審査ブログの段階では扱うキーワードにも注意して記事を書くようにしましょう。

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

おすすめ哺乳瓶とか、パットとか。うちには乳幼児がいるのでそれらの記事には助けられていますが、審査の段階では気をつけた方がいいです。

合格さえしてしまえば、その後は普通に大丈夫だったりするので審査の段階では出来るだけ使わないようにしましょう。

[/voice]

 

公式Adsenseヘルプでは、ポリシーの内容について詳しく解説してあるので、一度目を通しておきましょう。

 

5.見出しは3つ以上に分けよう

見出しは3つくらい使用して、バランスよく分けるようにしましょう。

 

これは記事コンテンツを見やすくして、ユーザビリティーを高めるために必要なことです。

 

どんなに文字数が多くて中身の濃い記事でも、見出しで分けられていない文章はメチャクチャ読みにくいですし、離脱の原因になってしまいます。

 

それに、アドセンスチームも「コンテンツの見やすさを追求するように」と伝えていたので、この部分も大事なはずです。

 

バランスよく見出しを使って、記事を作成するようにしましょう。

6.文字数は最低でも1500文字以上【文字数にこだわない!】

文字数は最低でも1500文字以上を目指しましょう。

 

3つの見出しを付ける為には、最低でもこれくらいの文字数は必要になります。

 

ただし、1500文字書いたからといって確実に合格できるとは限りません。ここでは あえて明確な数を提示しましたが、初心者でもわかりやすくするためにこの数にしました。

 

「アドセンス審査の文字数問題」は永遠のテーマとも言えますが、大事なのはユーザーの役に立つオリジナルの記事を届けることなので、文字数だけの問題ではありません。

 

詳しくは「アドセンス審査における文字数の目安|少ないと通らない?」の記事で紹介していますので、そちらを参照して下さい。

7.記事数は最低でも5記事以上!【記事数にこだわない!】

記事数は最低でも5記事を目指しましょう。これ以下はお勧めできません。

 

5記事ならコンテンツの充実度もカバーできますし、不合格になった時でも修正しやすい数です。

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

ちなみに、つい先日「検証のために申し込んだアドセンス審査」も1500文字程度の5記事で通過しました。この数字が鉄板になりつつあります。

[/voice]

 

ただし、これらは全ての基準をクリアした上での数字です。

 

サイトの設定、登録、ポリシーの準拠など、全てがクリアできていないと、100記事書いても不合格になるので、注意してください。

 

詳しくは「アドセンス審査の記事数は5記事が目安!」のページで解説しているので、そちらもチェックしてみてください。

 

8.「1カテゴリ」に5記事以上【タグは無くす!】

審査用ブログでは、1つのカテゴリー内が充実していることが大事です。カテゴリー分けは必須ですが、増やしすぎないようにしてください。

 

先程紹介したサイドバーを見てもわかるように、カテゴリーは1個しか作成していません↓

アドセンスは「公開されているページ全てのテキスト量」を審査しているので、記事数が少ない段階でカテゴリ数を増やしてしまうと、表示されるテキスト量が少なくなります。

 

これが原因で「不十分なコンテンツ」を増やしてしまうことになるので、カテゴリーは増やさないようにしましょう。

 

 ●カテゴリーが多い場合 ✖ 

アドセンス審査・カテゴリー

 

 ●カテゴリーを1つにした場合 ○

アドセンス審査・カテゴリー

 

このように、カテゴリーを1個にすることで、1ページあたりに表示されるテキスト量を多くすることができます。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

アドセンス審査に「特化ブログじゃないと通りにくい」と言われているのは、これが原因である場合が多いです。

特化ブログにすれば、最初の段階でカテゴリーは増えにくくなりますからね。

「特化ブログであるか」どうかではなく、カテゴリーページに「表示されるテキストの量」が大事なのです。

[/voice]

 

さらにこれはタグページにも言えることで、不要なタグページを増やすのは、審査用ブログではデメリットにしかなりません。

 

ブログ初心者には少し難しいかもしれませんが、あまり難しく考えず「カテゴリーは1つ」「タグは無くす」と、頭に入れておいてください。

 

(※10記事以上ある場合は、5・5で分けてもOKです)

 

それと、未分類はダメです。これは動画でもあったように「ユーザーが求めている記事にたどり着きやすくする為」に必要なこと。

 

カテゴリ名を決めて分類することで、ユーザビリティーを意識していることが伝わるので、公開した記事は未分類ではなく、必ず適切なカテゴリ名に割り当てて、分類するようにしましょう。

 

9.アイキャッチ画像は載せよう【著作権に注意】

アイキャッチに関しては、必須ではありません。ただ、これもユーザビリティーの向上に役立つので、無いよりはあった方が良いです。

 

アイキャッチがあるだけで、サイトの印象もかなり変化するので、できる限り載せるようにしましょう。

ただし、アイキャッチもコンテンツの一部とみなされるので、アドセンスポリシーの違反にならないようにすることが大事!

 

著作権やパブリシティー権の侵害にならない画像を載せるようにしましょう。

オマケ【検証用サイト公開】

喜び・歓喜・子供

という訳で、実際に合格させたサイトを公開します↓

https://tomiyoshi-mihon-site.com/

 

冒頭でも言いましたが、記事の内容ははっきり言って、テキトーです(笑)

 

思いつきで書いたようなことばかりなので、検証用サイトの内容に根拠はありませんm(_ _)m。なので、内容は真面目に読まないでくださいね(笑)

 

ただ「どれくらいのレベルで合格できるのか?」という部分は参考になると思います。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]
  • 「価値の高いコンテンツでないと合格できない」
  • 「人の役にたたないと合格できない」
  • 「20記事以上じゃないと合格できない」

こんな漠然としたアドバイスは無意味で嘘だ。という証明でもありますので、参考にしてみてください。

[/voice]

 

「なんだ….。この程度の内容でも合格できるのか…」「なら自分でも合格できるはず!」と、思ってもらえたら幸いです!

2020年最新!アドセンス審査に合格する方法! まとめ

「アドセンス審査用ブログの作り方」と題して、2020年最新の審査における重要ポイントを解説してきましたがいかがでしたか?

 

ここで紹介した内容は、実際に僕がアドセンス審査で何度も合格させているポイントを全て出し切ったものです。

 

これらをしっかりクリアしていけば合格率が跳ね上がるので、しっかり取り組んでみてください!

 

それと、最後に・・・・

 

「これ実践しても審査に通らないよ!」って方は、TwitterのDMから直接連絡ください【@tomiyoshisuzuki

 

実際にサイトを見て、どの部分を修正すべきか確認しつつ、アドバイスできる部分はお伝えしたいと思っているので、どうぞ気軽に質問してください

 

(※サイトの設定や、サーチコンソールで確認できる、カバレッジに問題がある場合は、サイトを見ただけでは分からない場合もあります(^_^;)・・。】

 

以下、確認になります↓

  • 審査コードを正しく設置すること
  • 審査ロボットが正しくリーチできる設定にすること
  • アドセンスポリシーのルールを守ること
  • 査に合格できるサイトの設定を完了すること
  • オリジナルで人の役に立つコンテンツを作ること

これで審査に申し込めばしっかり合格できますので、順番にコツコツ基準をクリアしていってください!

感想もお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です