「XMLサイトマップ」作成と設定方法は?【サチコへの登録送信まで初心者向けに解説】

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

WordPressでブログ開設したら「XMLサイトマップ」ってのが必要らしいけど、どうやってやればいいのかな?そもそもこれが何なのか良くわからないし・・・・やり方とか、設定方法とか、いろいろ知りたいな。

[/voice]

こんな疑問に答えていきます。

 

Googleの検索エンジンに正しく認識してもらうためにもXMLサイトマップ送信は必要な項目。サイトを開設したら、最初にしっかりと作成しておきたいですね。

 

とはいえ、ブログ初心者にとっては、サイトマップの作成方法も、送信方法もなんだか良くわからないと思いますので、ここでは概要と合わせて解説していきたいと思います。

 

この記事で分かること↓

  1. 「XMLサイトマップ」とは?【めちゃくちゃ重要!】
  2. 「XMLサイトマップ」の作成方法→(Google XML Sitemap)
  3. 「XMLサイトマップ」の登録・送信方法→(サーチコンソール)

 

最初はXMLサイトマップの概要と合わせて、初心者が知っておくべき重要な部分を解説しています。

 

そのあとは、XMLサイトマップ作成の方法、送信の設定まで解説していきますので、まだ良くわからないという方も参考にしてみてください。

「XMLサイトマップ」とは?【めちゃくちゃ重要!】

 

「Google XML Sitemaps」の使い方、設定方法を解説する前に、まずはXMLサイトマップについて簡単に説明します。

 

そもそもサイトマップには2種類あって、それぞれで用途が全然違います。

  • HTMLサイトマップ」(エイチ・ティー・エム・エル)
  • XMLサイトマップ」(エックス・エム・エル)

 

この辺の違いを理解することはすごく重要です。

「サイトマップ」の2つの違い

HTMLサイトマップ(エイチティーエムエル・サイトマップ)は、サイトの中に設置する、ユーザーに見せるためのサイトマップ。

 

公開されているページを一覧で確認できる、人の目に見せるものです。

こういうやつです→【サイトマップ

 

それに対して、XML サイトマップ(エックスエムエルサイトマップ)は、検索エンジンの中を巡回している、クローラーというロボットに認識してもらう為のもの。

 

XMLサイトマップは人間が見るものではなく、ロボットが判断するための「サイトの構造」なので、以下のような感じのモノになります↓

 

要は、人が見るものではなく、ロボットに伝えるためのファイルですね。

XMLサイトマップが大事!

検索エンジン・ロボット・クローラー

大事なのは、この「XMLサイトマップ」で、サイトを正しく認識してもらうために必要なもの。

 

常に検索エンジン内を巡回しているクローラーに、自分のサイトの情報を持ち帰って貰いやすくするためのファイル が「XMLサイトマップ」という感じです。

 

なんとなく分かりましたか?

 

あまり難しく考えても仕方ないので、とりあえず「XMLサイトマップ」は必要だと覚えておいてください。

 

でも、このファイルを自分で作成するのはちょっと大変で、それなりの知識とかスキルとか必要になってきます。

 

そこでプラグイン「Google XML Sitemaps」の出番です。!

 

「Google XML Sitemaps」は、この大事なXMLサイトマップファイルを自動で作成してくれるプラグインなんです。

「XMLサイトマップ」の作成方法→(Google XML Sitemap)

Google XML sitemap

XMLサイトマップを作成するには、以下の流れが必要です↓

  • 「Google XML Sitemaps」インストール・有効化
  • 「Google XML Sitemaps」の設定

「Google XML Sitemaps」をインストールする

というわけで早速「Google XML Sitemaps」をインストールしていきましょう。

 

ワードプレスのダッシュボードから【プラグイン】→【新規追加】をクリック。

プラグイン・新規追加

 

プラグインの検索に【Google XML Sitemaps】とコピペして検索。

プラグイン・検索

 

検索に出てきた「Google XML Sitemaps」の【今すぐインストール】をクリック。

XMLサイトマップ

 

そして、【有効化】します。

XMLサイトマップ

 

これで「Google XML Sitemaps」のインストールは完了です。

「Google XML Sitemaps」の設定方法

インストール出来たら、設定画面へ行きます。

 

ダッシュボードから【設定】→【Google XML Sitemaps】をクリック。

サイトマップページ

 

すると、こんな感じのページが開きます。

サイトマップページ

 

このページから「Google XML Sitemaps」の設定を行っていきます。

 

ここで設定できる項目は8つ。

  • 基本的な設定
  • Additional Pages
  • 投稿の優先順位
  • Sitemapコンテンツ
  • Excluded Items
  • Change Frequencies
  • 優先順位の設定 (priority)

 

それでは、それぞれ説明していきます。

 

以下、画像をそのままマネしてください。

基本的な設定

上から3つにチェックが入っているようにしてください。

 

おそらくデフォルトでチェックされてると思いますが、念のため確認を。

 

この項目は、更新したら「GoogleやBingに知らせますよ」とか「サイトマップの場所をクローラーに教えます」というもの。

 

とりあえず、チェックが入っていればOKです。

 

その他の項目は、そのままで構いません。

Additional Pages

ここは何もしなくてOKです。

手動でサイトマップを追加できる項目らしいですが、僕はよくわかりません(笑)

 

難しいことはサクッと無視して、次へきます。

投稿の優先順位

ここは「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れてください。

Sitemap コンテンツ

ここはサイトマップに含めるコンテンツを指定する部分なので、以下の通りにチェック。

  1. ホームページ
  2. 投稿(個別記事)を含める
  3. カテゴリーページを含める
  4. 最終更新時刻を含める

この4つでOKです。

 

では次へ行きます。

Excluded Items (除外ページ)

ここは、サイトマップに含めたくないカテゴリーや、個別のページを指定する部分。

検索結果を意識していないページがある場合は指定しても良いですが、基本的にはそのままでOKです。

Change Frequencies (更新頻度)

ここは更新頻度をクローラーに伝える項目。

紹介サイトによって、ここの設定項目に違いが出ますが、いろいろ見てみて、こんな感じの設定で落ち着きました。

 

でも、これはクローラーにとって目安なので、あまり難しく考えず、上の画像をマネしてください。

優先順位の設定 (priority)

ここでは、クローラに巡回してもらう優先純度を伝える項目。

 

ここはいろいろなサイトをチェックしましたが、平均はこんな感じです。

とりあえず、上の画像の通りに設定しておきましょう。

  • 固定ページ
  • アーカイブページ
  • 投稿者ページ

上の3つは、優先度を下げるために「0.0」にしておいてください。

 

全て終わったら【設定を更新】をクリック。

 

これで、XMLサイトマップの設定は完了です。

 

次は、このサイトマップをサーチコンソールに登録します。

「XMLサイトマップ」の登録・送信方法→(サーチコンソール)

サーチコンソール

次は、作成したGoogle XML Sitemapsサーチコンソールに登録していきます。

 

サーチコンソールの登録が済んでいない方は「サーチコンソールの登録と設定方法をやさーしく解説☆彡」を参照して下さい。

 

サーチコンソールに「ログイン」し、【サイトマップ】をクリック。

サーチコンソール・サイトマップ

 

「新しいサイトマップの追加」で、自分のサイトのXMLサイトマップアドレス(後半の「sitemap.xml」の部分)を追加します。

 

ちなみに、このサイトマップアドレスは、先ほど設定を行った、「Google XML Sitemap」プラグインの設定ページで確認できます。

 

基本的にはどのサイトも『sitemap.xml』と入力すれば良いのですが、むかしある一定の時期に「sitemap.xml」じゃない複雑なコードになっていたことがありました。

 

いろんなサイトに「sitemap.xml」でOKです。と書いてあるのに送信できなくて困ったことがあったので、一応ここで自分のサイトマップコードを確認して入力してください。

 

入力が完了したら、【送信】をクリック。

 

正常に送信が完了すると、「成功しました」と表示されます。

 

以上でサイトマップの送信は完了です。お疲れ様でした!

まとめ:

サイトマップ

今回は「XMLサイトマップ」の作成・設定から、サーチコンソールへの登録・送信までの流れを解説していきましたが、いかがでしたか?

 

もしかすると、初めての方には少し難しく感じたかもしれませんね。

 

しかし、XMLサイトマップの作成は非常に大切です。作成・設定をしていないと、記事の公開や更新など検索エンジンへの反映が遅延する原因にもなるので、しっかり導入しておきましょう。

 

また、アドセンスの審査を通過させるためにも必要となります。なので、WordPressでサイトを立ち上げたら、すぐに導入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です