WordPress初心者におすすめレンタルサーバーBEST3【タイプ別で好みを選ぼう!】

WordPressおすすめ初心者レンタルサーバー

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

WordPressにはレンタルサーバーが必要らしいけど、一体どこのサーバーを選べばいい良いのかな?初心者だから全然わからないし….。料金とかも気になるけど、どこを比較してすれば失敗しないのか具体的に知りたいな。

[/voice]

こんな疑問に答えていきます!

 

WordPressでブログを始めるには、レンタルサーバーが必要・・・。とは言うものの「どれを選べばいいのかわからない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

僕もそうでしたが、初めてだとよくわからないことばかりで、頭がパンクしちゃいそうになりますよね(笑)。他にも覚えることいっぱいあるのに、ここで足止めされたくない・・・。

 

ちなみに、日本国内のレンタルサーバー業者だけでも100社を超えるんだとか・・・。そんなに多くちゃどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

 

そこで今回は、レンタルサーバー選びに迷っているWordPress初心者さんのために、おすすめのレンタルサーバーを3つ紹介していきます。

 

この記事では以下のことがわかります。

  1. レンタルサーバーを選ぶポイント【初心者向け】
  2. WordPressにおすすめ「レンタルサーバー」BEST3
  3. レンタルサーバーのよくある疑問をまとめてみた。

 

このページを見ることで、WordPress初心者でも迷わずに正解のレンタルサーバーを選ぶことができます。「失敗せずにWordPressを始めたい!」という方は、参考にしてみてください!

【比較ポイント!】レンタルサーバーはここに注目!

リス

 

レンタルサーバーを選ぶ上で「ここだけは押さえておきたい」という注目すべきポイントがいくつかあります。

 

今回はそれらの重要ポイントに「初心者におすすめ」という点もプラスして、以下の項目を基準にしました。

  1. 大量のアクセスが来ても耐えられる安定度
  2. バックアップ機能で安心!
  3. WordPressのインストールが簡単!
  4. 独自SSL化が無料!
  5. 複数のサイト運営ができる
  6. 長期的なコスパの良さ
  7. お試し期間があるかどうか

 

それぞれの詳しい解説は「詳細を見る>>」をクリックすれば見ることができます。

詳細を見る>>

①:大量のアクセスが来ても耐えられる(安定度)

サイトに大量のアクセスが来た時に、それに耐えられないサーバーではいけません。せっかくお客さんが来てもサイトにアクセスできないようじゃ意味がないので、サーバーの安定度は大事な項目です。

 

ちなみにこの安定度は、レンタルサーバー公式サイトで公開されているデータ転送量でチェックすることができます。

 

[aside type=”normal”]

転送量というのは、サイトを見に来た人のパソコンにサーバーから送られるデータ量のことで、文字・画像・動画などの合計のテー多量を表します。

[/aside]

 

一般的に①ページあたりの転送量は、一回あたり「1.0MB~3.0MB」くらいと言われているので、それを元に計算できます。

 

例えば、1日のデータ転送量の上限が100MBだったら↓

  • 1MBのページ×100アクセス(表示回数)=100MB
  • 1MBのページ×150アクセス(表示回数)=150MB【✖オーバー!】

100回を超えるとアクセスを制限されてしまうことになります。

 

難しい部分は割愛しますが、1日に16,000アクセスあるサイトでも1日50GBあれば十分なので、その辺を目安にするといいかもしれません。

②:バックアップ機能で安心!

最初のうちはWordPressもよくわからないと思うので、いろいろイジクリ回すと思いますが「あれ?なんか真っ白になってしまった…」なんてのは良くあることです。

 

自分で元に戻せる知識があるなら良いのですが、初心者のうちはそうはいきませんよね(^_^;)

 

そんな時に助かるのが、バックアップ機能です。これさえあれば、元の状態に戻すことができるので、安心して設定とかチャレンジできますよね。

 

特に初心者のうちは、この点は重要なポイントですよ!

③:WordPressのインストールが簡単!

WordPressのインストール機能がサーバーに用意されていると、契約からブログを書き始めるまでスムーズに進めることができます。昔は、これがなくてみんな苦労したみたいです。

 

と言っても、最近のサーバーにはほとんどこの機能が付いているので大丈夫ですが、これがついていないサーバーは最初から頭を抱える原因になるので、しっかり確認しておきましょう!

④:独自SSL化が無料!

独自SSL化はものすごく重要です!

 

[aside type=”normal”]

【独自SSL化とは】webサイトをhttps化(通信を暗号化)すること。通信を暗号化し安全性を高めるための設定です。

[/aside]

って言われても難しいですよね….。

 

要は、最初のままだとアドレスは「http://○○」なのですが、SSL化を設定すると「https://○○」というように「S」を付けて運用していくことができるようになります。

 

めちゃくちゃ単純に言うと

  • 「http://~」←ちょっと危険なサイトかも?。
  • 「https://~」←このサイトは安心のサイトだね☆彡

と、認識されるってことです。

 

ちなみに、Google先生は「SSl化」を強く推奨していて、設定が済んでいないサイトにアクセスした際は警告文を表示するようにしています。

 

この設定が簡単に行えるっていう事なんですが…..サーバーによってはこれも有料な場合があるんで、しっかりチェックしおておきたい部分ですね。

⑤:複数のサイト運営ができる

ブログを続けていると、ジャンルによって複数のサイト運営をすることもよくあります。でも、その度に別のサーバーを契約するのはお金がかかりますし、管理も面倒ですよね?

 

そんな時に便利なのが、複数のサイトを運用できること。コレは「MySQL」という部分と「マルチドメイン」という部分で確認できます。

ここにタイトル
  • 【マルチドメイン】:1サーバーで使用できるドメインの数
  • 【MySQL(データベース)】:サイトの数だけ必要になるデータベースの数

 

難しい部分をぜーんぶ省いて簡単に言うと【MySQL】の数がサイトを作れる数と認識しておけば大体はOKです。

 

「マルチドメイン無制限」と書かれていても、MySQLの数少ないとサイトは作れないので、この部分には注意しましょう!

⑥:長期的なコスパの良さ

WordPressでサイトを運用し、アクセスを集めていくにはそれなりの期間を要します。もちろんその期間もレンタルサーバー代はかかるので、運用費用は最低限に抑えたいところです。

 

ただし、安ければいいってことではありません。「安さ」にはそれなりの理由があるので、スペックだったり、その他の面でデメリットがあったりします。

 

その結果、満足できずに別のサーバーに移動したりすると別途お金も必要になってくるので、目先の安さだけでなく、長期的な視点でコスパを考えるのが大事!

 

「必要なスペックを備えつつ、費用を最低限に抑えられること」を考えながら、選んでいきましょう!

「すぐに答えが知りたいのだ!」という方は、そのまま進んでください↓

WordPress初心者におすすめ「レンタルサーバー」BEST3!

サーバー

という訳で、これらのポイントを抑えて選んだレンタルサーバーは以下の3つになります。

  1. ConHa WING」 【最強の速度とコスパ】
  2. エックスサーバー」【速度と安心のサポート体制】
  3. mixhost」 【最新スペックとコスパの良さ】

 

選択肢を多くしても、迷ってしまうので「これさえ押さえておけば大丈夫!」というレンタルサーバーだけを選びました。

 

ここで紹介するサーバーなら、先ほど紹介した項目をしっかりクリアしているので、まず間違いはないと思います!

 

ただ、それぞれに特徴となる部分があるので、それを参考にして好みで決めて見てください。以下、おすすめ順で紹介していきます!

「ConoHa WING」速度・コスパ共に最強

ConoHa WING

最安プラン ベーシックプラン
転送量 4.5TB/月
バックアップ機能 自動バックアップあり(過去2週間分)
WordPress 簡単インストール あり
独自SSL化 無料
複数のサイト運営 60個
初期費用・登録費用 0円
月額費用 900円/3年契約で800円
  • 国内レンタルサーバーで最速!
  • レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得
  • 複数サイト運用可能
  • WordPress簡単移行が可能
  • 独自SSL化も無料
  • 管理画面もシンプルで使いやすい
  • 長期割引あり

 

「Conoha WING」のおすすめポイントは何といっても表示速度の速さ。最近では、いろんな比較サイトでもおすすめされている人気急上昇中のレンタルサーバーです。

 

実はサイトの表示速度はものすごく重要視されていて、Googleも検索順位に影響すると公言しているほど。早ければ上位に表示されるという訳ではありませんが、遅すぎるのは論外なので、しっかり意識していきたい部分ですよね。

 

また、WINGパックなら申し込み時にドメインが無料で取得出来る上に更新手数料も無料。さらにサーバー料金もお得になるので、かなりコスパも良いです。

【こんな人におすすめ】

  • 表示速度もコスパどっちも取りたい!
  • 独自ドメインとセットでお得に始めたい(WINGパック)

 

これからは5Gも始まり、文字だけでなく動画にも対応しなっくちゃいけないので、サイトの速度を大きく左右するレンタルサーバーは、速さをしっかり意識していきたいですね。

「ConoHa WING」詳細はこちら>>

「エックスサーバー」安定と速度を手に入れたい!

エックスサーバー

最安プラン X10プラン
転送量 150GB/日
自動バックアップ 自動バックアップあり(復元に15000円)
WordPress 簡単インストール あり
独自SSL化 無料
複数のサイト運営 50サイトまで
初期費用・登録費用 3,000円
月額費用 1,000円/3年契約で900円
  • 国内トップクラスの知名度と利用者
  • アクセス集中にも耐えられる安定のスペック
  • WordPressインストールも簡単
  • 独自SSL化も無料
  • 24時間安心サポート有り
  • 10日間のお試し利用もできる

エックスサーバーは、安定の知名度と人気を誇る、レンタルサーバー。国内トップクラスの速度はもちろん、24時間体制のサポートも充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

 

また、エックスサーバーは国内シェア№1。利用者はものすごく多いので、困ったときでもすぐにネット上で情報が見つかるのも嬉しい部分。問題解決しやすいというのも大きなメリットですね。

エックスサーバー

 

お試し期間も用意されているので、とりあえず試してみたいという方にもおすすめのサーバーです。

 

ただし、初期費用が掛かってしまうという部分が少しだけデメリット。最初のうちはできるだけコストをかけずにブログを始めたいという方には引っかかる部分かも知れないですね。

 

その代わり、24時間体制のサポート体制がずっと続くので、それを踏まえると決して損はしないと思います。WordPress初心者で「失敗したくない!」という方はエックスサーバーにしておけばまず間違いないでしょう。

【こんな人におすすめ】

  • 利用者も多く知名度のあるレンタルサーバーを利用したい
  • 安定のスペックと安心どちらも欲しい!
  • サポート体制が整ったサーバーが良い!

 

安定のスペック、知名度、安心どれも撮りたいなら、エックスサーバーがおすすめです。

 

利用者も多く、これまでの実績ではダントツですので、安心感を取るなら、エックスサーバーがおすすめですね。

「エックスサーバー」詳細へ>>

「mixhost」機能性コスパ共に上位のユーザー満足度!

ミックスホスト

最安プラン スタンダート
転送量 4.5TB/月
バックアップ機能 自動バックアップ機能あり(14日分)。数クリックで簡単復元可能・そして無料
WordPress 簡単インストール あり
独自SSL化 無料
複数のサイト運営 無制限
初期費用・登録費用 0円
月額費用 980円(1年)/3年契約で880円

「mixhost」は比較的新しいレンタルサーバーですが、ユーザー満足度も高く機能性とコスパを両方とも兼ね備えているのが特徴。

 

これだけの高スペックでこの料金帯ははっきり言って格安です。30日の返金保証もつけているほどなので、自信の高さもわかりますよね。

ミックスホスト

知名度と実績面ではエックスサーバーには負けるかもしれませんが、ブログ界の神とも言えるマナブさんの「manablog」でも紹介しているほどなので、安心度は違います。

 

また、参入するジャンルにアダルトを含む場合でも安心して利用できます。エックスサーバーなどはアダルトジャンル禁止なので、漫画、VODジャンルなどでも自由に掲載できない場合がありますが、mixhostでは大丈夫です

こんな人におすすめ

  • 高スペックで料金も抑えたい!
  • 無料バックアップ機能で安心して運用したい
  • アダルトジャンルも可能なサーバーを利用したい

スペック重視なら、迷わず「mixhost」です。しかも長期的に運用するならコスパもかなり良いですし、保証も付いているので安心して利用できます。

 

レベルによってプラン変更も可能なので、気になる方はチェックしてみてください。

「mixhost」詳細へ>>

レンタルサーバーのここが気になる!よくある疑問

疑問

レンタルサーバーって後から変更できるの?

変更することはできますが、かなり面倒で、初心者には難しい部分もあります。それに、大きなリスクを伴うので、既にアクセスが集まっているサイトなら、できれば変更しないほうがいいです。

 

万が一、サーバーの移行作業に失敗してしまった場合、サイトも真っ白になって、頭も真っ白になっちゃうので、あまりおすすめはできません。

 

最初の段階でしっかりしたレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

レンタルサーバーで順位に影響ある?

レンタルサーバーだけで検索エンジンの順位に影響が出ることはありません

 

ただし、表示速度が遅いとブログサイトのユーザー満足度を下げることになるので、結果として検索順位に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

今後は5Gの導入によって、動画の埋込みも主流になるので、表示速度はしっかり意識して選ぶのをおすすめします。

容量って気にしたほうがいい?

個人のブログではそこまで気にする必用はないです。ここで紹介しているサーバーの容量なら、すぐに使い切ることはまず無いでしょう。

 

ここで紹介しているサーバーで一番少ないものでも、エックスサーバーの200Gですが、これを使い切るのも困難です(笑)

 

長期的に運用している人気ブログでも、使い切ることはまずありませんので、あまり気にしまくても大丈夫だと思います。

まとめ:レンタルサーバーは確実なものを選ぼう!

喜び・歓喜・子供

  1. Conoha WING」【速度最強+WINGパックでコスパ良し】
  2. エックスサーバー」【安心、安全、 安定で人気。間違いなし】
  3. mixhost」【高スペック+コスパ良し・アダルトもOK】

個人的には、一番おすすめは速度最強の「ConoHa WING」ですが、全くの初心者でサポートが必要ならエックスサーバーが良いと思います。

 

僕もエックスサーバーはメインで利用していますし、情報が多く出回っているのも嬉しい部分です。やっぱり利用者が多いというのは選ばれている結果でもあります。

 

ちなみに、僕は以前あるレンタルサーバーを借りていて、失敗したことがあります。

 

初心者だったので失敗であることに気づくのも1年ほどかかりましたが…。最初からもっとちゃんと選べば良かったって後悔しています。

 

ここでは具体的なサーバーの名前は言えませんが、中には失敗するとやり直しの効かない激おそサーバーもあったりするので、本当に注意してください。m(_ _)m

 

しかも、独自SSL化も有料だったし、設定変更も解約も連絡もできないし最悪でした。(※←これ分かる人には分かる部分…。そう、、、あの売り込みが激しい、レン詐欺サーバーです。(笑)。)

 

そんな失敗をして欲しくないので、ここでは安心のレンタルサーバーを真剣に選びました。

 

この3つなら、ならどれも安心して利用可能なので、どれにしようか迷っているという方は、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です