【否認中】もしもアフィリエイトのAmazonに「再申請」する2つの方法

もしもアフィリエイトAmazon提携,否認中の対処法

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

もしもアフィリエイトのAmazonに否認されてしまいました。提携画面には「否認中」と表示されてて「申請のボタン」もありません。どうやったら再申請できるんでしょうか?

[/voice]

こんな方に向けた内容です

 

このページでわかること

  • もしもアフィリ「Amazon否認中」から再申請する2つの方法
  • もしもアフィリのAmazon提携「否認後の改善ポイント」5つ

 

この記事を参考にする事によって「Amazon 否認中」からの対処法がわかります。

 

併せて、再申請する前に改善すべきポイントも紹介しているので、審査通過の参考にしてみてください。

もしもアフィリエイト「Amazon否認中」から再申請する方法は2つ

疑問

もしもフィリエイトのAmazon提携に再申請するには、2つの方法があります。

 

  1. 否認から3日後に再度申請する
  2. 否認されたサイトを「サイト一覧」から削除して登録し直す

 

「解説!!」っていうほど難しいことでは無いのですが、2つの方法から好きな方を選んで申請してください。それでは詳しく説明しますね。

1.否認から3日後に再度申請する

一つは、否認されて3日後に再申請する方法です。

 

提携を否認されると、下の画像のように「申請ボタン」が無くなってしまいますが・・・。

もしもアフィリエイトのAmazon提携否認中の画像

もしもアフィリエイトのAmazon提携否認中の状態

 

否認から3日経過すると「提携申請する」というボタンが出現します。

もしもアフィリエイトのAmazon提携の再申請ボタン

もしもアフィリエイトのAmazon提携の再申請ボタン

 

これで、もしもアフィリのAmazonへ提携申請することができます。待つだけなので、簡単ですね

2.否認されたサイトを「サイト一覧」から削除して登録し直す

もう一つは、提携を否認されてしまったブログを「サイト一覧」から削除して、もう一度登録しなおす方法です。

 

何やらややこしく感じますが、手順はこんな感じです↓

■1.メニューから「マイページ」→「登録サイト一覧」をクリック↓

 

もしもアフィリエイト「サイト一覧」

もしもアフィリエイト「サイト一覧」

 

■2.登録サイト一覧の中から否認されたサイトを削除↓

もしもアフィリエイト登録サイト一覧

もしもアフィリエイト登録サイト一覧

 

■3.再度、サイト追加からブログを登録しなおす↓

もしもアフィリエイトにサイトを追加する

もしもアフィリエイトにサイトを追加する

 

この方法だと、3日待たなくても直ぐにAmazonへの再申請が可能です。ちょっと手間がかかりますが、急いで再申請したいときにお勧めですよ。

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

削除するサイトが他の広告とも提携していた場合、それらも全て無効になってしまいます。他に提携している案件が無いか確認して削除するようにしましょう。

[/voice]

もしもアフィリのAmazon提携「否認後の改善ポイント」5つ

PCに熱心に向かう少年

提携を否認されるということは、あなたのブログサイトがAmazonの提携基準を満たしていないことが原因です。

 

と言われてもよくわからないですよね?(^_^;)。具体的には、下記の項目を改善すると、審査に通りやすくなります

✔ 否認後の改善ポイント5つ
  1. パブリシティー権の侵害をしていないか?
  2. ブログの記事数や文字数は十分か?
  3. コピーコンテンツになっていないか?
  4. プライバシーポリシーを掲載しているか?
  5. 作られたばかりの未完成なブログでないか?

1.パブリシティー権の侵害をしていないか?

「パブリシティー権の侵害」というのは、著名人の画像や動画を利用して、商品やサービスを宣伝する行為のこと。

 

簡単に言うと、芸能人や有名人の画像や動画を使ってアクセス集めたり、商品を販売しちゃダメですよということです。

 

Amazonのは特にこれらの権利に敏感で、ブログ記事に芸能人の画像・動画の埋め込みがある場合は絶対に審査に通りません。

 

申請前にそれらが含まれている記事がないかチェックしておきましょう。

2.ブログの記事数や文字数は十分か?

ブログの記事数や文字数が少なすぎる場合も、Amazon審査には合格できません。

 

ちなみに、下の画像は「もしもアフィリエイト」のAmazon提携規約に記載されている内容です。

もしもアフィリエイトのAmazon審査における記事数

もしもアフィリエイトのAmazon審査における記事数

 

ここには記事数のことだけ記載さてれいますが、もちろんそれなりの文字数も必要になってきます。最低限のコンテンツボリュームを満たした状態で、申請するようにしましょう。

 

具体的には、これくらいあるといいです↓

  • WordPress【1000文字超え・5記事以上】
  • はてなブログ【1000文字超え・10記事以上】

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

ちなみに「はてなブログ」などの無料ブログで申請する場合、WordPressと比べると、もっとボリュームが必要だったりします。

あくまで個人的に検証した結果ですが、何故か無料ブログは審査が通りにくいんですよね・・。

[/voice]

 

あくまで目安ですが、これくらいのボリュームを準備した上で申請するようにしましょう。

3.コピーコンテンツになっていないか?

申請する記事がコピーコンテンツになっている場合も絶対に審査に通りません。

 

これに関してもAmazon審査は厳しくて、コピーじゃなくても「語尾や言い回し」を変えた程度の簡単なリライトもコピーコンテンツと判断します。

 

自分の経験に基づいた意見を入れたり、話し言葉のような自分らしい表現を入れるなどして、オリジナル感を意識するように心がけましょう。

4.プライバシーポリシーを掲載しているか?

「プライバシーポリシー」を記載していない場合も、Amazon審査に通りにくくなります。

 

「プライバシーポリシー」と言うのは、ブログ読者の個人情報取り扱いについて”利用目的”を記載した文章のことで、営利目的のサイトには絶対に掲載しなければいけない項目です。

 

ちなみにこれ、もしもアフィリエイトの規約には載っていませんが、Amazonアソシエイトの規約には記載されています。

プライバシー規約その他を通じて、乙が乙のサイトの訪問者からデータを収集、使用、保管および開示する方法ならびに該当する場合は第三者(甲および他の広告掲載者を含みます。)がコンテンツおよび広告を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、サイトの訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があることを、乙のサイト上に正確かつ適切に開示すること。

乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。

引用:Amazonアソシエイトヘルプ

 

これに関しては、プライバシーポリシーの雛形テンプレと設置する方法 のページで解説しているので、そちらを参照してみてください。

 

>>プライバシーポリシーの雛形テンプレと設置方法を初心者向けに解説っっ!

5.作られたばかりの未完成なブログでないか?

作られたばかりの未完成なブログの場合も、Amazon提携に否認される大きな要因です。

 

要は、新規で立ち上げたばかりのサイトでは、運用期間が短くて審査に通りにくいということですね。

 

これも先ほどと同じように「もしもアフィリエイト」のAmazon規約に記載されています↓

もしもアフィリエイトのAmazon提携規約

もしもアフィリエイトのAmazon提携規約

 

ちょっと言い回しが分かりにくいですけど、要はそういうことです。具体的にはWordPressで10日ほど、無料ブログでは1ヶ月くらいを目安にすると良いですよ。

 

  • WordPressブログ【運用開始から8~10日以上】
  • 無料ブログ【20日~1ヶ月以上】 

 

あくまで目安ですが「立ち上げたばかりのサイトは通りにくい」ということだけ、頭に入れておいてください。

合格したらGoogleアドセンス審査にも挑戦しよう

挑戦する人

もしもアフィリエイトのAmazon審査に合格したら、Googleアドセンスの審査にも挑戦しましょう。

 

GoogleアドセンスもAmazonも審査内容は似ているので、ついでに申し込んでおくのがおすすめです。(※既に合格している方はOKです。)

 

[aside type=”normal”]

Googleアドセンスとは、クリック型のアフィリエイト広告のこと。アクセスを集めてクリックさえしてもらえれば報酬につながるので、ブログ初心者でも成果を出しやすい特徴があります。

[/aside]

こんな感じの広告ですね↓




 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

それに、アドセンスを導入しておくと報酬の取りこぼしを防ぐことができます。

記事内で紹介しているアフィリエイト商品(Amazonなど)が売れなくても、クリックされるチャンスがあるので、一緒に導入しておきましょう。

[/voice]

 

Googleアドセンスについては、アドセンス審査に合格する方法【審査要ブログの作り方】で詳しく解説しているので、そちらを参照してください。

 

>>2020年最新!アドセンス審査に合格する方法|審査用ブログの作り方【完全版】

 

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m