アドセンス審査用ブログ「ネタと内容」はどうしたら良い?【オリジナル記事の作り方】

アドセンス/審査用/ブログ/記事ネタ/内容

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

アドセンス審査用の記事を書きたいけど、どんな内容にすればいいのかな?

オリジナル記事じゃないと合格しないらしいけど、どんなネタが良いのか具体的に知りたい。

[/voice]

こんな疑問に答えていきます!

 

アドセンス審査に申し込むとき、最も悩ませるのが記事の内容…。記事数や文字数の目安はなんとなく分かっても、記事内容に関してはこれといった指標もないので、わかりにくい部分だと思います。

 

それに、いろんなサイトのアドバイスを見たところで、自分も同じ内容を書けるわけじゃないし、クオリティーもどの程度必要なのかもわからない…こんな悩みを抱えて、迷走している方も多いのでは無いでしょうか?

 

そこで今回は、アドセンスの審査用ブログに書く為の「記事ネタと内容」について具体的なアドバイスをしていきたいと思います。

 

以下、この記事の内容です↓

  1. アドセンス審査用ブログに必要な記事とは?
  2. アドセンス審査用ブログ「記事ネタ」の選び方
  3. アドセンス審査用ブログ「記事タイトル」の付け方
  4. アドセンス審査用ブログ「内容/クオリティー」

 

後半では、「どの程度のクオリティーで合格できるのか?」という点もお伝えしていきますので、審査ブログの内容で困っているという方は参考にしてみてください!

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m19d_154201592.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

ちなみに、ここで紹介する内容で「検証用サイト」に記事を入れて申し込んでみたところ、翌日には審査に合格できました。

 

やはり、あるポイントを抑えて記事作成することで、合格しやすくなるんですね。その検証サイトについても後半で紹介したいと思います。

[/voice]

 

[aside type=”warning”]

今回は、アドセンスの審査用ブログに書く為の「記事ネタ」と「内容」についてアドバイスする内容です。

 

審査に合格することだけを目的にしているので、検索エンジンで上位表示を狙うSEO対策については全く無視しています。

 

ここで紹介する記事ネタ・内容で上位表示を狙うことは考えていませんので、ご注意ください。

[/aside]

アドセンス審査に必要な「記事の内容」とは?

疑問

 

アドセンス審査用ブログで最も重要なのが、記事ネタと内容。これがしっかり準備できていないと、なかなか合格できません!

 

では、どういった内容を書けば審査に合格できるのでしょうか?

 

その疑問を解く鍵になるのが、以下のアドセンスチームが紹介している「サイトが承認されるには?」という、ヒント動画です。

 

ここでは、アドセンス審査に申込む際の注意点も含めて、承認されるコンテンツ(記事の内容)について解説しています。

 

特に大事なのは「アドセンスポリシーに準拠していること」なのですが、記事の内容に関しては以下の2つの点が重要な様です。(※じゅんきょ:ルールに沿って従うこと)

  • 有用性のあるコンテンツ
  • オリジナルコンテンツ(独自性)

有用性のあるコンテンツ

有用性のあるコンテンツとは「人の役に立つ内容である」ということ。

 

誰かの役に立つような「価値のある記事」じゃないと、審査には合格できませんよ!という事ですね。

 

「〇〇に行きました、楽しかったです。」とか「〇〇のランチに行きました。美味しかったです。」みたいな「これ誰が喜ぶの?」と、思ってしまうような記事は価値がないコンテンツになるので、注意しましょう。

 

「ブログ」というと、芸能人のアメブロみたいなイメージがありますが、僕たちが書くべきブログは日記ではありません。

 

「情報という価値」を提供することが大前提で、それによってアクセスが集まり、収益化できるようになります。

 

芸能人と違って、僕たち自身に価値はなく、僕たちが発信する情報に価値があるので、その点をしっかり意識するようにしましょう!(※芸能人の場合は自分自身が商品なので、それが価値になるんですね。)

オリジナルコンテンツ(独自性)

「オリジナルコンテンツ」である事も、審査用ブログでは大事なポイントになります。

 

どんなに人の役に立つ内容でも、既にネット上に存在している「これパクリじゃね?」って思われるような複製されたコンテンツ(コピー)では、承認されないということです。

 

特にこの辺に対してGoogleアドセンスチームは厳しいようで、語尾や言い回しを変えたような、簡単なリライト記事や、内容が似ている複製記事に関しては絶対に合格させてくれませんので、注意が必要です。

 

ヒント動画では「オリジナル・独自性」という言葉を何度も使っていたので、ここが特に重要なポイントであることがわかりますね。

2つのポイントを抑えた記事ネタ・内容が合格の鍵!

重要なのは、たった2つ。

  1. 人の役に立つ記事
  2. 誰の真似もしていないオリジナルの記事

 

これさえ出来ていれば、審査には合格できます。

 

逆に言うと、これが出来なければ審査には合格できないのですが….。では、具体的にどのような記事ネタ、内容を書けば、この2つをクリアできるのでしょうか?

 

ネタの選び方、記事タイトルの付け方、記事の内容の3つに分けて解説していきます。

アドセンス審査「記事ネタ」の選び方

まずは記事ネタの選び方です。

 

記事ネタは、文章のテーマとなる部分で、記事のタイトルとも大きく関係してくる部分。

 

当然ですが、この部分にも「独自性」と「有用性」を意識する必要があるので2つのポイントを意識する必要があります。

  • 自分に関係する記事ネタを選ぶ
  • ネタの中から有用性を見つけ出す

自分に関係する記事ネタを選ぶ

記事ネタは自分に関係することから選んでください。

 

そうすることで、自分の考えや経験をプラスすることができ、確実にオリジナルの内容にすることができます。

 

例えば、以下の内容がおすすめです。

  1. 自分の趣味に関することを書く
  2. 自分の仕事に関することを書く
  3. 自分の経験(いった場所・してきたこと)について書く
  4. 自分の持ち物に関して書く
  5. 自分の人間関係について書く

 

逆に言うと、自分というフィルターを通さないとオリジナルコンテンツは絶対に作れません。

 

審査に合格させるにはオリジナルコンテンツであることは絶対なので、慣れていない方は上記の中から選ぶようにしましょう。

 

そして、ここから有用性を見つけていきます。

有用性の見つけ方とヒント!

先程紹介した内容は全て自分に関することなので、独自性・オリジナル性はクリアしていますが、さらにここから「人の役に立つ事」を見つけ出す必要があります。

 

有用性を見つけ出すポイントは以下の3つ。

  • そのことを全く知らない人に対して書く
  • 過去の自分に対して書く
  • こんなの役に立つのかな?って考えを除外する。

 

これらを意識することで「人の役に立つ記事」は生まれていきます。

そのことを「全く知らない人」に対して書く

知らない・猿

そのことを全く知らない人に向けて書くことで「有用性」は生まれます。

 

おすすめの記事ネタは、趣味だったり、仕事だったり、すべては経験したことが元になっています。

 

つまり、そのことを全く知らない人に比べたら、あなたの方がきっと得意だと思うので、そのネタに対して、どんなことが役に立つのか想像しやすくなるんです。

  • 趣味【これからそれを始める人へ向けて書く】
  • 仕事【入ってきた新人さんへ向けて書く】
  • 経験【それをしたことがない、行ったことがない人へ書く】
  • 持ち物【それを持ってない人へのアドバイス】
  • 人間関係【問題に直面している人へアドバイス】

 

例えば、僕は釣りが趣味なので「釣り」をテーマに書くとするなら以下のような感じ

  • 釣り初心者でも簡単なラインの結び方を教える
  • 初めて釣りを始める人におすすめの釣り場所を教える
  • 釣り初心者が知っておくべきマナーを教える

はっきり言って、何でもいいです。

 

これくらいのことでも全く知らない人にとっては「価値のあること」なので、これらをイメージしながら記事ネタを選んでいきましょう。

過去の自分に対して書く

過去の自分に対して書くことも、有用性を見つけ出すヒントになります。

 

当然、あなたも最初は無知だったのですから、それをイメージすることで、先程紹介した「そのことを全く知らない人が悩むであろうポイント」を想像しやすくなります。

 

過去の自分に「教えてあげたいテクニック」、過去の自分に教えてあげたい「失敗の原因・回避方法」など…。

 

これらが有用性を見つけ出すヒントになるので、自分の過去を思い出してみてください。

こんなの役に立つのかな?って考えを除外する。

デスク・疲れた・開放・休憩

ブログ初心者のうちは特に、この考えがまとわりついて、なかなか行動できないと思います。

 

「こんなこと当たり前じゃん」「こんなこと誰の役にも立たないかも」なんて考えが邪魔して、書き始めることができなくなるんですね。

 

でも、これはあなたが決めることではなく、読んだ人が決めることです。さらに言うなら、アドセンス審査ではロボットが判断するので、気にする必要はありません。

 

自分が「これ役に立つかな???」って思ったら自信をもって書くようにしましょう。

アドセンス審査用ブログ「記事タイトル」の付け方

記事ネタが決まったら、次はタイトルを決めていきます。

 

このタイトルは、記事内容の道しるべとなる部分ですので、しっかりと決めていきましょう。

 

注意するポイントは以下の2つ。

  • 有用性を示すタイトルにする
  • 記事タイトルは独自性を意識する

有用性を示すタイトルにする

記事のタイトルは有用性を示すタイトルにしましょう。

 

例えば、〇〇する方法とか、〇〇を解説とか、そういったタイトルですね。おすすめの〇〇とかでも良いです。

 

こういったタイトルの方が「人の役に立つ記事であること」を示すことができますし、記事としても書きやすいです。

 

おそらく、こういった部分は審査ロボットでも検出できる部分だと思うので、「この記事は人の役に立つ内容を書いていますよ」とアピールできるような記事タイトルにしましょう。

記事タイトルは独自性を意識する

記事タイトルは、できる限り独自性を意識してください。

 

これは、オリジナル感を出すために必要な部分。どこにでもあるような記事タイトルをつけると、既にネット上に存在する記事タイトルを丸かぶりしてしまうので、それを避けるためです。

 

記事の内容はもちろん、記事タイトルの重複に関してもGoogleは厳しく判断しています。しかもこれは外部サイトに限った事ではなく、自分のサイト内でも同じこと。

 

オリジナルだとしても、自分のサイト内で同じようなタイトルが増えてしまうと重複コンテンツになってしまいますので、注意してください。

 

アドセンスが言う「複製されたコンテンツ」の対象になるのは、記事のタイトルも同じなので、コピーと思われないようなタイトルにすることが大事です。

 

ただ、これに関してはそこまで神経質になる必要は無く、意識する程度でいいと思います。

 

世の中には、もすごい量の記事が存在するので、全く被らない記事タイトルをつけるのはかなり難しいですからね。(^_^;)

アドセンス審査用ブログ「内容/クオリティー」

記事のタイトルが決まったらあとはもう簡単です。

 

以下の2つに気をつけて記事内容を完成させましょう。

  • タイトルの答えとなる内容を書く
  • 見出しは3つ以上つけよう

「タイトルの答え」となる内容を書く

内容には、その記事タイトルの答えとなる内容を書くようにしましょう。

 

記事のタイトルで、すでに「有用性」は示していますので、それの答えを書くことで「人の役に立つ、オリジナル記事」は完成します。

 

注意することといえば、記事のタイトルと関係ないことを書かない…というくらいです。(笑)。

 

おそらくアドセンスが言う「有用性」とは、記事タイトルの答えを示せているかどうかで判断しているので、タイトルに含まれるキーワードが内容にも含まれていることが大事。

 

記事タイトルと関係ない内容を書いていると「価値のないコンテンツ」と判断されてしまうので、注意してください。

記事のクオリティーは?

疑問

そして気になる記事のクオリティーですが・・・

 

おそらくそこまで質は求められていません。わかりやすく言うと、へたくそな文章でも審査には通ります

 

重要なのは「人の役に立つ・オリジナルのコンテンツ」であることなので「文章の上手さ」は、審査の対象になりません。

 

さらに言うと、審査自体はロボットが判定しているので「記事タイトルとの関連性」と「有用性が示せていること」と「オリジナルの記事であること」をロボットが判断できれば合格できるというわけですね。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m19d_154201592.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

Googleの社員が「コレハ価値ガアリマスネー」「コレハ価値ノナイ文章デスネー」といちいち判断しているわけではなく、タイトルが示す内容との関連性を有用性として検知しているはずです。(たぶん)

 

なので、クオリティーは関係ないんですよね。

[/voice]

見出しは3つくらい使うようにしましょう。

アドセンス審査はユーザビリティーを強く意識していますので、見出しは付けるようにしましょう。

 

長ったらしい文章が見出しもない状態で書かれていると、読みにくいですからね。

 

といってもそこまで神経質になる必要は無く、3つくらいの見出しで分けられていれば十分です。当サイトで推奨しているアドセンス審査におすすめの文字数なら、3つくらいの見出しが最適だと思います。

 

これに関しても絶対ではないので、自分が読んでみて、読みやすいと思えるレベルで、適度に使うようにしましょう。

まとめ

まとめるとこんな感じです↓

  1. 記事ネタは自分に関係することから決める
  2. タイトルは有用性を示して他と被らないように
  3. 内容はタイトルの答えとなるオリジナル文章を書く

 

これらの3つを意識することが、アドセンス審査における「有用性」と「独自性」をクリアできるポイントだと思っています。

 

深く掘り下げるあまり、このページではどんどん難しい説明になっていってしまいましたが・・・。

 

あまり難しく考えず、「ちょっとだけ人の役に立つような、あなたが考えたオリジナル文章」を書くことで、審査には十分に合格できると思うので、ぜひ試してみてください。

 

とはいえ、アドセンス審査は、記事の内容だけで合格できるわけではありません。

 

サイトの設定やいろいろな登録など、総合的にポイントを押さえる必要があるので、それらもしっかりチェックして審査に申し込むようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です