【無料あり】WordPressテーマおすすめ7選【有名ブロガーのテーマを盗み見する方法】

WordPressテーマ おすすめ

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

WordPressでブログを始めたけど、デフォルトのテーマ(テンプレ)はシンプルすぎて微妙・・。良い感じのテーマに変更したいけど、どれを選べばいいのかな?初心者でも失敗しないテーマを教えて欲しい。

[/voice]

こんな疑問に答えていきます。

 

✔:本記事の内容

  • 「テーマ選定の重要性」無料・有料の違い
  • WordPressおすすめテーマ7つ
  • WordPressおすすめ(無料)テーマ1つ
  • 有名ブロガーのテーマを盗み見する方法

 

この記事では、無料と有料の違いを解説しつつ、おすすめのWordPressテーマを7つと無料テーマ1つを紹介していきます。

 

先に結論を言っておくと、ブログで収益化を目指すなら、迷わず有料テーマを使ってください。理由は、無駄な労力と時間を省いて記事作成に集中するためです。(※最初の章でも解説します)

 

✔:本記事の信頼性

この記事を書いている僕は現在アフィリエイト歴3年半です。稼げるようになるまで2年以上かかりましたが、覚えが悪い僕でも月100万円超えを達成することができました。最高ブログ月収は230万円です。

 

これまで、たくさんのWordPressサイトを立ち上げて、いろんなテーマを試してきたで、その経験を元に紹介していきます。(←飽き性なのでいろいろ試しました..)

 

この記事を参考にすることによって、迷うことなく お気に入りの「WordPressテーマ」を導入することができます。

 

さらに、有名ブロガーが使っているテーマを盗み見する方法も紹介しているので「こんなサイトにしたいな」という場合でもすぐに真似することが可能です。

 

どんなテーマを導入しようか悩んでいるという方は、参考にしてみてください。

無料・有料の違いと「テーマ選定の重要性」

疑問

「無料テーマ」と「有料テーマ」の大きな違いは、デザイン性と機能の充実度です。簡単に言うと、無料テーマで出来ない事や難しいことが、有料テーマでは簡単にできるというイメージ。

 

無料でも良いテーマを選べば十分に使えますが、有料テーマとは比べものになりません。

 

✔:有料テーマの便利な部分
  • SEO対策済で記事作成に集中できる
  • サイトのデザインが良い感じになる
  • カスタマイズ時間の大幅な削減になる
  • 難しい設定や、コードの入力が楽になる
  • プラグインを入れなくてもできることが多い
  • WordPressのバージョン更新にも対応できる
  • 情報が多く出回り、カスタマイズや設定もしやすい

 

無料ブログでも、HTML・CSSを使った装飾やカスタマイズをしていけば有料テーマに近づけることは可能ですが….。それなりに知識も必要ですし、何よりめちゃくちゃ面倒です。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

有料テーマを導入するとサイトデザイン、見出しデザイン、その他の装飾など、無駄なカスタマイズに時間を裂く必要がなくなります。

[/voice]

 

ブログなんて記事を書いてナンボなので、収益やアクセスに繋がらない無駄な作業はどんどん省いていきましょう。

✔テーマの途中変更はデメリットが多い

リスク

「最初は無料で始めて、途中からテーマを変更しよう」と考える人も多いですが、WordPressテーマを途中で変更するのはデメリットが多いので、あまりおすすめしません。

 

テーマを変更すると、全記事の修正に追われるだけでなく、収益に繋がるボタンリンクや、その他の文字装飾、構成の全てに影響を及ぼすので注意が必要です。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

例えば、こんなふうに吹き出しコードが入っていたとします。これを全ての記事に多用していたとして、テーマを変更すると↓

[/voice]

管理人Tomi

こんな感じに、フキダシとして成立しないコードが表示されます。たまにこんなサイト見かけたりしますが・・・。テーマ変更すると、こういうコードや文字の装飾を全て変更しなきゃいけないので、大変です。

 

こんなふうにコンテンツが壊れている状態だと、読者は直ぐに離脱します。しかもそれが収益に繋がる記事だった場合、損失はテーマ代どころの話じゃなくなりますね。(※アドセンスがメインでも同じことが言えます)

✔そのテーマを好きでいられることが大切

大切なのは、そのWordPressテーマをずっと好きでいられること。

 

無料にせよ、有料にせよ、途中で変更しなくて済むような、デザイン性・機能性ともに満足できるWordPressテーマを選びましょう。

 

という訳で、ちょっと長くなってしまいましたが、ここからは「おすすめのWordPressテーマ」を紹介していきたいと思います。

【有料】WordPressおすすめテーマ7つ

ここからはおすすめの有料テーマを7つ紹介していきます。

 

ここで紹介するテーマは、SEO内部対策はもちろん、どれもデザイン性・機能性ともに優れたテーマばかりです。あとは自分が作りたいブログイメージに合ったテーマを選ぶようにしてくださいね。

 

以下、おすすめのWordPressテーマです。

※ちなみに、どれも買いきりタイプなので、一度購入すればその後の課金はありません。

①:AFFINGER5(アフィンガー)

AFFINGER5(アフィンガー5)は、稼ぐことに特化したWordPressテーマ。

 

infotopの売上ランキングでもダントツ1位(2020年5月現在)の人気テーマで、有名ブロガーTsuzukiブログさんも使っています。

 

✔ AFFINGER5はこんな人におすすめ
  • 個人ブロガー、アフィリエイターとして稼ぎたい
  • HTML・CSSの知識はないけど、サイトを良い感じにしたい
  • 稼ぐことに特化しつつ、デザイン&機能性も捨てたくない
  • 複数のWordPress運営サイトに利用したい
  • 稼いでいるブロガーにも人気のテーマを使いたい

特に、個人で本格的にアフィリエイトしたい人におすすめで、HTML・CSSの知識が無くてもいい感じのデザインにすることができます。

 

価格は 14,800円(税込)。

至って普通の値段ですが、カスタマイズ性の高さや機能性、さらに複数サイトに利用可能であることを考えると、かなりお得と言えます。

 

とにかくデモサイトを見ると分かりますが、おしゃれなデザインカスタマイズも変幻自在です。

 

手間を省きつつ「いい感じのサイトデザインで稼ぎたい!」という方は、これを選べばまず間違いないでしょう。

 

>>AFFINGER 5 のテーマデザインを公式でチェックする

②:STORK19(ストーク)【当サイトも使ってます】

 

STORK19(ストーク)は、有名WebマーケッターJUNICHIさん監修のテーマ。

 

モバイルファーストを意識して作られていて、これ使ってるブロガーはめちゃくちゃ多いです。

 

スマホで見た時の、良い感じレベルは、WordPressテーマの中ではダントツ。ちなみに、当サイトもストークを使っています。

 

✔ STORK19 はこんな人におすすめ
  • カスタマイズや設定に手間をかけたくない
  • 最初から楽していい感じのデザインにしたい
  • PC、スマホどちらも良い感じに見せたい
  • ポップさ、可愛らしさで明るい印象にしたい
  • ショートコードでいい感じのコンテンツにしたい

 

近年のブログ読者の8割近くはスマホユーザーが占めています。

 

Google先生も「モバイルユーザビリティー向上は今後のSEOにも大きく影響する」と公言しているので、その辺をしっかり意識していきたい場合にもおすすめです。

 

価格は11,000円(税込)と、お手頃な価格。

但し、1テーマ購入で1サイトにしか利用できない(←という決まりに一応なっている)ので、複数のサイトで使いたいという方は注意してください。

 

それでも、初心者からプロブロガーまで利用する人気のテーマです。男性にも女性に訴求できる清潔感のあるデザインにしたいのであれば、外せないテーマですね。

 

>>STORK19 のテーマデザインを公式でチェックする

③:SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)は、個人ブロガー向けのテーマ。

 

とにかく可愛いらしくて柔らかい印象が特徴的で、このテーマを使っているブロガーはめちゃくちゃ多いです。

 

✔ SANGO はこんな人におすすめ
  • 可愛らしく、柔らかい雰囲気のサイトにしたい
  • アフィリエイトしてる感を出さないようにしたい
  • 他のサイトよりおしゃれな雰囲気で差別化したい
  • HTML・CSSの知識はないけれど、見た目にこだわりたい

 

僕自身も複数のサイトでこのSANGOを利用していますが、このテーマを使うだけで、優しい印象を与えることができるので、すごく気に入っています。

 

価格は11,000円(税込)

お手頃な価格なのに、複数サイトに利用することも可能なので、かなりお得です。

 

文字の装飾も、ショートコードも豊富なので、飽きさせないコンテンツを提供することが出来るので、長く愛用していきたい方にもおすすめですよ

 

>>SANGOのテーマデザインを公式でチェックする

④:THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)は、集客・収益に徹底的にこだわったWordPressテーマで、SEO対策も万全です。

 

でも、それよりも特出すべきは、デザインのカスタマイズ性で、HTML・CSSの知識がなくても、クリックしていくだけで、自分好みのサイトにすることができます。

ザ・トールは、デザイン経験のない初心者でも「美しく・バランスの取れたサイト」をクリック操作だけで作れるように設計されています。煩わしいCSSをいじる必要もありません。
また、デザインの拡張性が極めて高いため、自分だけのオリジナルデザインのサイトが作れます。トールを使用している他のユーザーとデザインが被ってしまう心配もありません。

引用元:THE THOR 公式

 

但し「細かいカスタマイズは面倒だ」という方にはおすすめできないかもしれません。確かにカスタマイズ性はめちゃくちゃ高いですが、項目もすごく多いので、ちょっと疲れちゃいます(笑)

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

実は、当サイトも最初はTHE THORで始めたんですが、カスタマイズ項目が多くてSTORKに戻しちゃいました。僕は面倒臭がりなので、ストークの方が楽だったんです(笑)

[/voice]

 

価格は14,800円(税込)。

完璧なSEO対策、機能性、カスタマイズ性の自由度、さらに複数サイトに利用できるという点では、かなりお得かと。

 

僕みたいな面倒くさがりには向きませんが、サイトのオリジナル性を高めつつ、最高のSEO対策でブログを構築したいなら、おすすめのテーマです。

 

ちなみに、カスタマイズ専用のマニュアルページも用意されているので、安心して取り組めます。(※僕に合わなかっただけなので、サイトのデモページを見て判断してください。)

 

>>THE THOR 公式で、デザインをチェックする

⑤:DIVER(ダイバー)

DIVER(ダイバー)は、ネットビジネス経験がある、中級者向けのテーマ。デザイン性、収益性、どちらも取りたい方におすすめのテーマです。

 

✔ DIVER はこんな方におすすめ
  • 企業メディアに負けないサイトを作りたい
  • デザインのカスタマイズ性・収益性どちらも取りたい
  • HTML・CSSの知識はないけど、記事レイアウト、小食にこだわりたい

 

価格は17,980円(税込)

サポートも手厚く、無期限・無制限サポート付きな上に、アップデートも無償という点をいれると、かなりコスパの良いテーマと言えます。

 

どちらかというと、ブロガーというよりアフィリエイター向きのテーマです。趣味ではなく、ガッツリとブログで収益化を目指したい方におすすめです。

 

公式では、デモサイトだけでなく実際のカスタマイズ画面や機能も細かく知ることが出来るので、イメージしやすいですよ。

 

>>DIVER 公式でデザイン・デモをチェックする

⑥:JIN(ジン)

JIN(ジン)は、ブロガー・アフィリエイター向けのテーマで、サイトカスタマイズを初心者でも簡単に行えるのが特徴。

 

HTMLやCSSといったコードが分からない初心者でも、見やすくておしゃれなブログを作ることができます。

 

✔ JINはこんな人におすすめ
  • サイトを作るのが始めて
  • 複数のサイトで運用したい
  • アフィリエイトの収益を加速させたい
  • HTML・CSSの知識はないけど、おしゃれなブログにしたい

 

有名アフィリエイターである「ひつじさん」が監修しているWordPressテーマで、ポップで柔らかいイメージが」人気です。これ使ってる人はかなり多いです。

 

価格は14,800円(税込)

とにかく初心者でも使いやすく、失敗したくないならこれ一択。複数サイトにも使えるので、コスパも良いですよ。

 

マニュアルや、デザインデモなど、公式サイトで確認できるので、気になる方はいちどチェックして見てはいかがでしょうか?

 

>>JIN のテーマデザインを公式でチェックする

⑦:賢威(ケンイ)

賢威(ケンイ)は、超ロングセラーの有名テーマ。2007年1月に販売が開始されてから、27,000以上のユーザーが利用しています。(※動画は賢威7の紹介ですが、現在は「賢威8」にバージョンアップしています)

 

大手の企業サイトから、個人起業家、アフィリエイターまで、多くの方が利用している人気のテーマですね。

 

✔ 賢威(ケンイ)の特徴
  • モバイルを基準にしたレスポンシブWebデザイン
  • メインビジュアルで使えるスライダーや全画面表示機能を追加
  • カスタマイザーを利用して管理画面内でデザイン・レイアウトを調整
  • キャラ設定など機能の一部をプラグイン化
  • 著者情報の表示や関連記事の機能向上など、より高品質なコンテンツを実現する機能 

 

価格は24,000円と、他のテーマと比べると高めですが、実績のあるSEOノウハウが詰まったテーマに、専用フォーラムまでついているので、妥当な金額かと。

 

清潔感のあるシンプルなテーマなので、クリーンなイメージを意識したい方にはぴったりですね。

 

ゴリゴリのSEOパワーで、上位表示を狙っていきたい方にもおすすめです。

 

>>賢威のテーマデザインを公式でチェック

WordPressおすすめ無料テーマ「COCOON(コクーン)」

Cocoon・WordPressテーマ

Cocoon(コクーン)は、無料テーマの中ではトップクラスの人気と使いやすさを誇るWordPressテーマ。

 

ハッキリ言って無料とは思えないほどの高機能なテーマです。どうしても無料テーマで始めたいという場合であれば、もはやこれ一択と言えます。

 

✔ Cocoonはこんな人におすすめ
  • 絶対に無料テーマでWordPressを始めたい
  • カスタマイズなど、多くの情報が出回っているテーマを使いたい
  • HTML・CSS知識を使いつつ、自分好みのテーマにしていきたい

 

やはり無料のテーマなので、有料テーマほどの便利さはありませんが、多くを求めないのであれば、機能性は十分です。

 

HTML・CSSをいじってカスタマイズすれば、自分好みのデザインにすることも十分に可能なので、とにかく無料で始めたいという方は利用してみてください。

 

>>Cocoon を自分のWordPressテーマにする

有名ブロガーのWordPressテーマを盗み見する方法

次は、有名ブロガーが使っているテーマを盗み見する方法を紹介していきます。

 

こんな時に使える方法です↓

  • 憧れのブロガーと同じWordPressテーマを使ってみたい
  • おしゃれなサイト見つけたけど、これってどんなテーマ使ってるんだろう?
  • このデザインや装飾は、テーマの機能?それともプラグイン?

 

いろんなテーマを使うようになると「このサイトはあのテーマ使ってるな」って一目見れば分かるようになってきます。

 

でも、最初の頃ってそんな知識データが無いから、なかなか他人のWordPressテーマを特定できないんですよね。

 

そんな時に使えるのが、今回紹介する方法です。これを使う事によって、憧れの有名ブロガーの真似をすることができますし、かっこいいサイトのテーマを特定することもできます。

「What WordPress Them Is That?」の使い方

>>WordPressテーマを特定する

「What WordPress Them Is That?」は、WordPressテーマを特定することができるサイト。

 

検索窓に特定したいブログサイトのURLをいれて検索するだけで、簡単に他人のWordPressテーマが特定できちゃいます。

 

What WordPress Them Is That?にアクセスし、特定したいURLを入力して、検索↓

WordPressテーマ特定

 

■使っているWordPressテーマが表示される↓

 

例として、当サイトのURLで検索すると「STORK19」が表示されました。こうやって、他人のWordPressテーマを特定することができます。

ちなみに、プラグインも特定できます

■当サイトの場合↓

WOrdPress テーマ 特定

 

当サイトの場合だと、こんな感じのプラグインを使っていることが、バレてしまいましたね。

 

但し、ここには全てのプラグインが表示されるわけではありません。大まかなプラグインしか表示されないので、参考程度にしておきましょう。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/2a.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

ちなみに、WordPressで作られていないサイトや、自作のテーマだったりすると検索しても表示されない時があるので、ご注意ください。

例えば、有名(神)ブロガー「マナブ」さんのサイトmanablogなどは、自作のテーマなので表示されなかったりします。

(※自作テーマのコピーも販売もされているので、マナブさんのサイトを真似たい方は、公式からお買い求めください)

[/voice]

まとめ:心から納得できるWordPressテーマを選ぼう

目標・喜び・挑戦

という訳で、今回はおすすめのWordPressテーマ7つと、無料のテーマ1つを紹介してきましたが、お気に入りのテーマは見つけられましたか?

 

以下、失敗しないテーマをまとめておきます↓

 

WordPressテーマは、機能性だけでなく、あなたのブログの印象を大きく左右する要素となります。

 

ここで紹介したテーマなら失敗することはありません。あとは、心から納得のいくWordPressテーマをあなた自身で選んでくださいね。

 

今回は以上です。テーマを決めたら、あとは記事作成に集中しましょう。