WordPressの投稿画面を戻す方法【使いにくいからプラグインで変更しましょ。】

WordPress/投稿画面/戻す/エディタ/使いにくい

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

WordPressの投稿画面が使いにくい..。以前の投稿画面に戻す方法とかプラグインはあるのかな?具体的な方法を知りたい・・・

[/voice]

こんな方へ向けた内容です。

 

WordPress5.0にバージョンアップして、投稿画面が本当に使いにくくなりましたね。初めからこの投稿画面の方は気にならないのでしょうけど、昔から使っていた人間にとっては、最高に不便です。

 

というわけで今回は、WordPressの投稿画面を旧エディタに戻す方法を紹介していきます。と言っても、プラグインでサクッと戻せるので、全然難しくありません。

 

ワードプレスの投稿画面が使いにくくて困っているという方も、これからWrdPressを始めるという方も、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressの投稿画面が使いにくいです…はい。

ひつじ・親子

ワードプレスは、2019年の最初頃にバージョンアプして「WordPress 5.0」になりました。

 

その時に、投稿画面も変化し、ブロックごとに編集したりする「Gutenberg(グーテンベルグ)」というものになったのですが….。これが非常に使いにくい。

↓こんな仕様

 

ブロックごとに編集できるので、慣れると編集時間の短縮になって便利らしいのですが、僕はやっぱり通常のブログ形式のような旧エディタが好きです。

 

というわけで、これを旧エディタに戻すことにしました。

プラグイン『Classic Editor』で戻せます。

この投稿画面を戻すには『Classic Editor/クラシックエディタ』というプラグインを使います。

 

これを導入するだけで簡単に戻せるので、サクッと導入していきましょう。

 

手順は以下のとおりです↓

 

①:【プラグイン】→【新規追加】をクリック。

 

②:「Classic Editor」の【今すぐインストール】をクリック。

 

③:【有効化】をクリック。

 

④:投稿画面へ戻る

 

これで投稿画面の変更は完了です。

 

面倒な設定なんかも一切なし! 簡単ですね。

「Gutenberg(グーテンベルグ)」に戻す方法

使ってみたらやっぱり新エディターの方がよかったという場合は、戻すことも可能です。

 

①:【設定】→【投稿設定】をクリック。

 

②:【ブロックエディター】にチェックを入れる 

 

③:画面下の【変更を保存】をクリック。

 

これで完了です。

 

もう一度投稿画面に戻ってみると、ブロックエディター「Gutenberg(グーテンベルグ)」に戻っています。簡単ですよね。

まとめ:WordPress投稿画面を旧エディタへ戻そう。

 

今回はワードプレスの投稿画面使いにくい方へ向けて、旧エディターへ変更する方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

 

プラグインの導入だけですぐに切り替えることができるので、簡単でしたね。

 

ただ、WPは「Gutenberg(グーテンベルグ)」の仕様を推奨しているようで、慣れると結構便利に使えるみたいです。

 

僕は普段から使っていないので何とも言えませんが、余裕のある方は、どちらも使えるようにしておくといいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です