【初心者向け】WordPressプラグイン必須&おすすめ9選「これは入れておきたい王道まとめ」

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m21d_225413211.jpg” name=”” type=”l”]

WordPressでブログを始めたけど、どんなプラグインを入れたら良いのかな?

必須のプラグインとか、初心者にオススメのプラグインがあれば知っておきたいな。

そもそも「プラグイン」って何のかよくわからない!

[/voice]

こんな疑問に答えていきます。

 

WordPress はカスタマイズ可能で自由度の高いブログサービスですけど、プラグインを入れないとものすごくシンプル。

 

そのままでも使えなくはないですが、どうせなら便利に使えたほうが良いですよね?

 

とはいえ、初心者にとってはプラグインの種類も、どれが必要なのかもよく分からないと思います。

 

そこで今回は、WordPress初心者におすすめの「必須プラグイン」を9個 紹介していきたいと思います。

 

この記事で分かること↓

  • WordPressのプラグインとは?
  • WordPress初心者向け「必須プラグイン」
  • WordPress初心者向け「おすすめプラグイン」

 

これは入れておいた方がいいという「必須のプラグイン」から「入れておくと便利なプラグイン」まで紹介していきますので、参考にしてみてください。

WordPressのプラグインとは?

そもそも「プラグインって何なの?」って話ですよね。

 

プラグインというのは、WordPressの機能を拡張させるためのプログラムのこと。

 

例えば、RPGゲームで勇者が冒険するとき、最初は何にも持っていないですよね?でも、冒険しながらいろんなアイテムを装備して、強くなっていくと思います。

勇者・装備・プラグイン

WordPressもそれと一緒で、最初は何も持たないシンプルな状態。そこにプラグインというアイテムを装備していくことで、いろんな機能がプラスされていくんです。

「プラグイン」でこんなことが出来ます!

プラグインを導入することで、いろんな機能を装備することができます。

  1. SEO対策
  2. 文字の装飾
  3. 記事デザイン追加
  4. 記事作成の効率化
  5. 表示速度を早くする
  6. セキュリティーの保護

 

ここで上げたのもごく一部ですが、サイトに大事なセキュリティーの強化はもちろん、記事コンテンツの見た目を左右する装飾デザインなど、いろんなことができます。

 

また、検索エンジンで上位表示させるために必要なSEO対策ができるプラグインもあるので、必要なものはしっかり導入しておきましょう!

WordPress初心者向け【必須プラグイン】

プラグイン

という訳で、まずは「これは入れておきましょう!」という、重要度の高いプラグインから紹介していきます。

Google XML Sitemap

Google XML sitemap

まず最初に入れておくべきプラグインは「Google XML Sitemap」です。(グーグル・エックスエムエル・サイトマップ)←長っ!

 

これは検索エンジン向けのサイトマップを自動的に作成してくれるプラグイン

 

あなたのサイトを正しくGoogleクローラーに認知してもらうために必要なものなのですが…。細かく説明しても難しいと思うので「とにかく必要。」と覚えておいてください(笑)

 

ちなみにこれは、Googleアドセンスの審査に申し込む時にも必須になプラグインです。忘れないように、最初に導入しておきましょう。

 

ちなみに、サイト内に設置するページ一覧のサイトマップとは違いますので、お間違えなく。

 

導入の流れについては「Google XML Sitemaps」の使い方と設定方法で解説していますので、そちらを参照してください。

Contact Form 7

Contact Form 7

Contact Form 7」(コンタクトフォーム7)は、その名のとおり「お問い合わせページ」を作る為のプラグインです。

 

設定も簡単で、すぐに問い合わせページを作ることができます。

 

ブログサイトを運営していく上で「お問い合わせフォーム」はとっても大事で、ユーザーからの質問や問い合わせだけでなく、広告の依頼などもここから来たりします。

 

設置方法は、「問い合わせフォームのつくり方」で解説していますので、そちらを参照してください。

All in One SEO Pack

All in One SEO Pack

次に必要なのが「All in One SEO Pack」(オールイン・ワン・エスイーオーパック)です。

 

これはSEOに関する設定ができるプラグインで、これ一つでSEOタイトル設定、メタディスクリプション設定、noindex設定、アナリティクスとの連携などなど…いろいろ出来ちゃいます!

 

SEO対策に便利なプラグインなので、とりあえず入れておくといいですね。

 

ただし、有料テーマによってはこれらの機能が最初から入ってるものがあすので、その場合は入れない方が良い場合もあります。

 

ちなみにこのサイトは有料テーマである「SANGO」を使っているので、このプラグインを入れていません。

 

All in One SEO Pack」の使い方に関しては「バズ部」のサイトで詳しく解説されていますので、そちらを参考にしてみてください。

WP Multibyte Patch

マルチバイトピーチ

次に必要なのが「WP Multibyte Patch」(マルチバイト・ピーチ)というプラグイン。

 

これは、もともと英語圏のサービスであるWordPressを、日本語でも正常に作動できるようにするものです。

 

でも実はコレ、入れなくても普通に日本語で使えます。実際にいくつかのサイトでこれ入れてませんけど、何の問題もないです。なので、実際はこのプラグイン、意味があるのか分かりません(笑)

 

だけど「みんなこれ大事だよ!」って言ってるので、必須プラグインとして紹介しておきます。(←責任転嫁してスミマセン。)

 

ちなみに、「これ入れるべきなのか、どうなのか問題」について詳しく書いているサイトがあったので、気になる方はそちらを参照して下さい。

 

こちらは設定とかも別に必要ないので、プラグインの【新規追加】からインストールして有効にするだけでOKです。

WordPress初心者向け【ちょっと便利なプラグイン】

喜び・歓喜・子供

 

ここからは入れておくと、便利なプラグインを紹介します。

 

入れなくてもいいですが、入れておくとめっちゃ便利なので、とりあえず入れてみてください。そして「やっぱり必要ない」と思ったら、どうぞ削除してください。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer」(なんちゃらかんちゃら、イメージオプティマイザー)は、画像を自動的に圧縮してくれるプラグイン

 

ブログサイトで最も大きな容量を占めるのは画像です。なので、画像を圧縮するのはとっても大事なのですが、これらを全てやってくれるのが「EWWW Image Optimizer」というプラグインです。

画像をアップした時に自動的に圧縮をしてくれる上に、画質を落とすこともありません。しかも圧縮することで、読み込み時間を早くして、表示速度の改善にもつながります。

 

なかなか秀逸なプラグインです。(読み方がわかりませんけど。)

 

「サイトの表示速度はSEOに大きく影響する」と、Google先生も言っているので、しっかり導入しておきたいですね。

 

詳しくは「ItaruBlog」で解説されているのでそちらを参照してみてください。すごくわかりやすいですよ!

a3 Lazy Load

a3 Lazy Load

a3 Lazy Load」(レイジーロード)は、ページ内の画像を、遅延読み込みしてくれるプラグイン

 

画像が多いページの場合、アクセス時に全てを読み込もうとすると、どうしても表示速度が遅くなりがちです。

 

でも、これを入れることで、読み手のスクロールに合わせて画像を読み込んでくれるので、表示速度の改善につながるというわけです。

 

このプラグインもSEO対策のひとつとなるので、しっかり導入しておきましょう。

 

ちなみに、以前は「Lazy Load」を使っていたのですが、最近は「a3 Lazy Load」の方がよく使われているようですので、こちらを紹介しました。

以前はこっち↓

 

でも、今はこっち↓

[aside type=”warning”]

こちらも、テーマによってもともと機能として組み込まれてることがあります。その場合は必要ないので、導入しなくても大丈夫です。

[/aside]

 

詳しくは「ゆるり。と」のブログで解説されているので、そちらを参照してみてください。こちらもすごくわかりやすいです!

『Tiny MCE Advanced』

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced」は投稿画面のビジュアルエディタの機能を豊富にしてくれるプラグイン。

 

これこそ入れておきたいプラグインですね。文字の装飾、色つけ、フォントサイズの変更、表の作成、などなど、使いやすい位置に設定することができます。

 

とても便利なプラグインなので、迷わず入れておきましょう!(※ちなみに、WordPressの投稿画面が使いにくい・・・という方には「ClassicEditor」がおすすめです。詳しくは解説ページ参照>>)

 

こちらも「バズ部」で詳しく解説されているので、導入したい方はそちらを参照してみてください。

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus」は、記事の中に、目次を表示させるプラグイン

 

H2、H3、などの見出しタグを設定することで、それが自動的に「目次として表示」されるようになります。

 

最近は、自分で目次をつくるブロガーも多いので、使ってないサイトも増えてきましたが、とりあえず便利なので、入れておきましょう。(※テーマによっては必要ない場合もあります)

 

プレビューで、見出しの構成をチェックするときにも、入れておくと便利ですよ。

 

詳しくは「WEBST8」のサイトで解説されていますので、そちらを参照してみてください。

AddQuicktag

AddQuicktag

AddQuicktag」は、ショートコードを簡単に実装することができるプラグイン。

 

ページに入力するのが面倒なコードもあらかじめ設定しておくことで、すぐに貼り付けることができます。

 

[voice icon=”https://tomiyoshi-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/2020y02m19d_154201592.jpg” name=”管理人Tomi” type=”l”]

こういう、吹き出しを載せたりする時にも便利なプラグインです。

[/voice]

 

これもすごく便利なプラグインですが、初心者のうちはまだそこまで使わないかもしれません。

 

ページ内にショートコードなどを頻繁に入力することになったら、導入しましょう。

 

こちらも「WEBST8」で解説されていますので、気になる方は参照してみてください。

初心者におすすめWPプラグイン一覧 まとめ

 

今回は必須+おすすめのプラグインを紹介していきましたが、如何でしたか?

 

紹介しておいてアレなんですが、正直なところ、プラグインって「人それぞれの好み」だと思います。入れたきゃ入れればいいし、嫌なら入れなきゃいい。

 

検索すると「必須プラグインはこれだ!」ってサイト同士が競い合ってますけど、どっちでもいいです。(だって好みだから。否定し合うことないでしょ。)

 

なので、ユーザーさんは目的に合わせて好きなプラグインを導入してください。

 

ただし、プラグインを入れすぎるとサイトが重くなって、表示速度が遅くなることもあるので、その点は注意してください。

 

他にもおすすめのプラグインはありますが、それはまた次の機会に。それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です